あなたは一戸建て派?マンション派?

家を購入しようと思ったとき、選択肢として出るのが「一戸建て」と「マンション」。今回はこの2つを比較してみましょう。

「一戸建て」と「マンション」の特徴

「一戸建て」とは、1つの建物に一世帯(一家族)が住んでいる住宅です。敷地も自分のものとして自由に使えるため、お庭や駐車場、物置など、好きに使うことが出来ます。壁を隔ててお隣さんがいるということはないので、音トラブルなども比較的少なく自分たちのペースでの生活がしやすい環境です。

一方「マンション」は、1つの建物に複数の世帯が住んでいる集合住宅のことです。お隣さんが他人という部分で気を遣う部分もありますが、新築の場合、監視カメラやオートロックなどのセキュリティ面が整っているところが多いです。また、管理人が常駐しているところだと建物整備や来客対応などサービス面が充実しています。

「一戸建て」と「マンション」どっちがいいの?

いざ、「一戸建て」と「マンション」どっちにしよう…と思ったときに比較するポイントは色々あるかと思います。どっちがいいか比較する前にまず、どんな暮らしがしたいか、何を重視するかを整理しましょう。

どんな暮らしがしたいか

例えば「自家菜園がしたい」「庭でBBQがしたい」などをイメージされている方ですと、お庭がある一戸建てが条件の方がイメージに近いです。逆に通勤や買い物への行きやすさなど、立地がとにかく大事な方には、比較的マンションが条件に合いやすいかと思います。

一般的に比較されやすい項目を並べてみました。ぜひ参考にしてみてください。

一戸建てマンション
立地(駅近)
土地次第だが、マンションよりは劣るケースがほとんど

利便性重視の物件が多い
床面積
2階建てなど柔軟に調整可能

間取りが決まっている且つ限られている
セキュリティ
自分自身でシステムなど入れる必要あり

防犯カメラやオートロックが導入されているケースが多い
駐車場
自分の敷地内に自由に置ける

台数が限られており、月々の賃料が発生する
音・プライバシー
お隣との距離があるため、ほとんど問題ない

壁を隔ててお隣さんがいたり共同スペースがあるため、配慮必要
管理
日常の建物管理は自分で行う必要あり

管理人が常駐していたり、清掃や管理などは委託可能
ランニングコスト
住宅ローン・税金以外の部分では、固定でかかるものはない

管理費・共益費・駐車場代などは終わりなくかかる

いかがでしたか?「一戸建て」も「マンション」それぞれが持つ特徴と自分たちのライフスタイルと合うのはどちらか、考えながら検討してみてくださいね。

住宅アドバイザーに相談する
家づくりの相談をする