住宅見学会の見所ポイント~完成編~

家を建てようといざ動き出したら、まずはモデルハウスや総合展示場の見学を考えると思いますが、ハウスメーカーや工務店の各種イベントにも足を運んでみてはいかがでしょうか?

依頼先を選ぶ際には、そのハウスメーカーや工務店が「どのような家づくりをしているか、家づくりをどう進めているか」など具体的な過程や完成形を知ることが大切です。そこでおすすめしたいイベントが「構造見学会」と「完成見学会」です。

今回は「完成見学会」とは何か、見学の際のポイントをご紹介します。

完成見学会とは?

お施主様のいる「実際の住まい」

その名の通り、完成したお住まいを見学できるイベントです。モデルハウスと異なるのは、実際にお施主様のお宅であること。ご入居前に工務店がお施主様よりお借りして、公開をしています。より、リアルな「家づくり」を体感できると思います。

要望をどう形にしたか具体的に見られる

そのご家族の要望を具現化した家の外観デザインやプラン、動線、収納、内装材などを実際にみることができ、さらに、お施主様の要望やこだわりに対して、工務店がどのような提案をして、どんなアイディアを出して、どう形にしたか、知ることもできます。

完成見学会でのポイント

【事前準備】質問事項をまとめよう

まずは、自分自身がどんなマイホームを建て、どんな暮らしがしたいか、少しでもイメージを膨らませておきましょう。その上で、聞きたいことは事前にまとめておきます。完成見学会の住まいと、理想の住まいの違いを比較すると、より話がしやすく、工務店選びもスムーズになります。

キッチンなど設備仕様は「標準」?

施主様のこだわりで、キッチンや浴槽、トイレなどをグレードアップしたり、高さやサイズを変更したり、扉やサッシなどの建材品も高断熱のものに変更している場合があります。設備の標準仕様を把握することは、予算を検討する際に重要ですので、「これは標準仕様かどうか」質問して確認するといいでしょう。

暮らしを想定した気配りがされているか

お施主様の希望に沿った、使い勝手のよいものになっているか確認しましょう。例えば、次の箇所を確認してみてはいかがでしょうか?

  • 生活動線や家事動線
  • 階段の位置や形状
  • 窓の位置や大きさ
  • 収納の量と場所
  • バリアフリー対策
  • ご近所への気配り

特に窓の位置は必見です。ご近所との視線に対する配慮がされているか、工務店の気配りがわかる部分です。

「丁寧な仕事」をしているか

構造見学会同様、ちょっとした部分から工務店の「仕事ぶり」がわかります。完成見学会では内装の仕上げや階段まわり、手摺など細かい作業の部分が丁寧に処理されているか、確認してみましょう。 目にあまり届かない部分まで丁寧に仕事されている場合は安心です。工務店選びの際に、とても大切なことです。

完成見学会の注意点

予約が必要なケースも

見学会は「自由にご覧下さい」というスタイルが多いですが、予約が必要な場合もあります。予約が必要なところは、お客様一人ひとりに対して、より丁寧に、スムーズに案内していただけます。

「お施主様」の家であることを忘れずに

現地では玄関室内に入るとスリッパと手袋が渡されます 施主様の完成ご入居前大切なご自宅ですので、できるだけ触れないほうが良いでしょう。

お子様同伴の際は細心の注意を

特にお子さんと一緒に見学に行かれる場合は、一人で走り回ったり、建築物に触れて壊したりしないよう、注意をしましょう。心配な方は、できればお子様同伴を避けた方がよいでしょう。

いざ、完成見学会へ!

完成見学会は、住まう人の想いから具体的な暮らしがイメージできると共に、建築会社の特徴や長所を隅々から知ることができます。気になるハウスメーカーや工務店のホームページで予定をチェックして、足を運んでみましょう。

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約