「家づくり基礎知識」注文住宅と規格住宅の違いって?

注文住宅と自由設計の違いは?注文住宅の種類を知ろう!

宮城県・仙台市で一般的なマイホーム購入は、主に「既に完成したものを販売する新築住宅」(建売やマンション)、「中古住宅」(一戸建て・マンション)、「土地を買って家を建てる」場合の3つのケースです。

この「家を建てる」は俗にいう「注文住宅」のこと。プラン、外観、キッチンや洗面などの設備仕様、床の素材、照明のひとつまで…すべて自由にオーダーメイドできるのが注文住宅の醍醐味…と思いがちですが、一言で「注文住宅」といっても、自由度や工程が違うものに分類されます。

よく耳にする注文住宅の種類をご紹介します。

  • フルオーダー住宅(自由設計)
  • 規格住宅

今回はこの2つについてメリット、デメリットも含めて解説していきたいと思います。

フルオーダー住宅(自由設計)

この名のイメージ通り依頼者が間取りから設備仕様、素材に至るまでハウスメーカーや工務店と細かく相談し、自由に決めて建てる住まいのこと。

フルオーダー住宅のメリット

  • 間取りや部屋の広さ・数、水まわりの設備、高い耐震性…予算が許す限り、実現可能
  • 照明や建具、ドアの取っ手などあらゆるものを自由に選べる
  • 「世界でひとつだけ」のオンリーワンの住まいが叶う

フルオーダー住宅のデメリット

  • 価格が高くなり、予算オーバーの心配も
  • 打ち合わせに手間暇がかかる
  • 依頼から完成まで、長期間におよぶ可能性がある

フルオーダー住宅はこんな方におすすめ

  • 「オンリーワンの家で暮らしたい」こだわり派の方に
  • 照明や床材など、素材のひとつひとつまでこだわりたい方に
  • ある程度予算に余裕がある方

規格住宅

ハウスメーカーや工務店によって用意されたプランや外観、設備仕様、住宅性能などの「型」が決められており、いくつかある「型」の中から選んで建てる住宅のこと

規格住宅のメリット

  • フルオーダーに比べ、予算が抑えられる
  • (資材の規格が決められているため大量生産によるコスト削減が可能)
  • 打ち合わせ負担が少なく、完成までの期間も短縮できる
  • 施工実例があれば完成型がイメージしやすい

規格住宅のデメリット

  • 自由度が低く、融通がきかない部分も
  • 似たような外観デザインになりやすい
  • 変形地や狭小地に建てられないこともある

規格住宅はこんな方におすすめ

  • 用意された型から好みのものを選び、コストパフォーマンスを重視したい方
  • 3~4か月後など決まった時期に引っ越ししなくてはいけない方

いかがでしたでしょうか。「注文住宅」でも内容はいろいろ…ハウスメーカーや工務店によっても完全自由設計や一部自由度を設けたセミオーダーメイド住宅、様々な企画商品も用意されています。どんな種類の「注文住宅」を取り扱っているか、予算と自由度の兼ね合いを考えながら、安くて理想通りの住まいを叶えてくれる業者さんを見つけてみましょう。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約