建替えを検討する時、一緒に考えたい仮住まい

家を建替える時、または大規模なリフォームをする時には、工事期間中に生活するための仮住まいが必要になります。生活圏が変わらないエリアで暮らせることがベストですが、家族構成などの条件に合った仮住まい探しに苦労する人は多いようです。

今回は、意外と大変な仮住まい探しのポイントをご紹介します。

仮住まいの選択肢

建替え工事は、その規模にもよりますが約6カ月から1年程度かかります。この間の仮住まいを、工事が始まる前に用意しなければなりません。

選択肢としては、賃貸のアパート・マンション・戸建て物件、ウイークリー・マンスリーマンション、家族・親戚の家に居候するなどの方法があります。

いずれの場合も、家財道具一式とともに引っ越しをするので、仮住まいを探す際には、荷物を置くスペースも考慮しなければなりません。仮住まいに入りきらない場合は、トランクルームなどの利用を検討する必要があります。

仮住まい、それぞれの特徴

賃貸物件を利用する際には、一般的に家賃と契約の際の初期費用がかかります。借りる物件によってかかる金額も変わってくるので、費用についても頭に入れて検討しましょう。

賃貸物件のそれぞれの特徴をまとめました。

賃貸のアパート・マンション

物件数が多いので、同じ生活圏内で見つけられる可能性が高いですし、間取りや設備なども好みに合わせて探すことができます。多くの物件で、契約時に敷金・礼金・仲介手数料など家賃の3~5カ月分の費用がかかるほか、建物の保険料や保証会社の保証料もかかります。また、賃貸物件は基本的に2年間の契約が多いので、入居から2年未満で退去する場合の契約内容を不動産会社に確認しましょう。

賃貸の戸建て

幼い子どもがいる家庭など、隣接する部屋への騒音が心配な方には、戸建ての賃貸物件がオススメです。アパート・マンションより広い物件が見つかる可能性も高く、荷物を置く場所を確保できるかもしれません。

賃貸契約をする際にかかる費用は、アパート・マンションと同等または少し高くなる場合もありますが、その分広い空間を手に入れることができます。

ウイークリー・マンスリーマンション

最短で1週間単位で借りられるウイークリーマンション、1カ月から借りられるマンスリーマンションは短期間の契約ができることが魅力です。一般的に敷金・礼金が不要で、家具や家電付き。水道光熱費なども家賃に含まれるので、1カ月分の家賃はアパート・マンションより割高になります。

ただ、ウイークリー・マンスリーマンションは単身者向けの物件が多いため、家族で住むことができる間取りの物件が見つからない可能性もあります。

仮住まいを探す方法

仮住まい探しは、建替え工事が始まる2カ月位前から始めるとよいでしょう。

賃貸物件はインターネットの不動産サイトや街の不動産屋さんで探します。

求める条件にマッチした物件がなかなか見つからない場合は、建替えを依頼しているハウスメーカーなどの建築会社に相談してみましょう。ハウスメーカーなら、自社で管理している賃貸物件を紹介してもらえる場合があります。その他の建築会社でも、その地域に詳しい不動産業者を紹介してもらえる場合がありますので、まずは相談してみることが大切です。

仮住まい探しの注意点

仮住まいは広めの物件を選びましょう。戸建てで暮らしていた時の家財道具を収納できるスペースが確保できればベストですが、入りきらない場合はトランクルームやレンタル倉庫を利用する方法もあります。また、引っ越し業者によっては家財道具を一時的に預かり・保管してくれるサービスを提供している場合もあるようです。

賃貸物件を契約する際は、かかる費用と契約期間、退去する際のルールなどをしっかりと確認してから契約しましょう。利用するには多額の費用が必要となりますので、余計な出費を作らないよう気を付けましょう。

まとめ

時間と労力がかかる仮住まい探しですが、仮住まいへ引っ越しをしないと建替え工事を始めることはできません。

新しい家の完成を楽しみに待ちながら、より快適に過ごせる空間を見つけられるよう、スケジュールには余裕を持って仮住まい探しを始めましょう。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約