建築家直伝!3階建て住宅の考え方

一般住宅には珍しい「3階建て住宅」。2階建てと比べても建築費用が高くなるというイメージがありますが、工夫次第でコストを抑え、快適な暮らしが送れます。今回は「3階建て住宅」について(株)杜設計代表・一級建築士の山本浩平さんが教えてくれました。

3階建て住宅の魅力は?

魅力1:コンパクトな土地でも広々暮らせる

3階建て住宅を選ぶ理由として狭小地で土地の広さが限られる場合が多いようです。コンパクトな土地を選び、購入費を抑えられたことで建物に予算を費やすことも可能です。

魅力2:間取りの自由度が高まる

3階建てにすることで開放的なリビングや兄弟分の個室の確保、十分な収納の確保など、間取りの自由度も高まります。

魅力3:2階リビングは明るく開放的!

プランに関しては、2階、もしくは3階にリビングを設けることが多く、開放的で明るい団らんの場が叶います。2階にリビングや水まわり、1階に寝室や多目的ルーム、3階に子供部屋や収納というプランが多いようです。防犯面などを考えて、3階に寝室を設けるケースもあります。

より快適な3階建て住宅をつくるヒント

外構計画は建物と一体に考える

また3階建て=コンパクトな土地が多いということは、駐車場スペースも限られてきます。建物だけでなく外構計画も含めてしっかりと計画を立てることが大切。1階部分に駐車場を設けてもよいでしょう。また、2階リビングから緑がのぞくよう、植栽にも一工夫してみましょう。

スケルトン階段で広く、おしゃれに

3階建て住宅では、1階と2階にそれぞれ階段が必要になるため、階段分の面積が意外と大きくなります。広さを重視したい方は、スケルトン階段もおすすめ。リビングにスケルトン階段を設けることで、階段下も活用できるため、開放的に2階の空間を使うことができます。

3階建て住宅って「老後は不安」?

3階建てを検討する方が一番心配されるのは「将来、階段の上り下りが大変になるかも…」という点のようです。毎日、2階のリビングまで上がることや、3階の寝室や、収納部に荷物を運ぶこと…足腰が弱くなってしまった際に不便を感じることがあるかもしれません。

ホームエレベーターの後付けも可能

将来への不安を感じるなら、あらかじめ建築時にホームエレベーターを設置しておくことも一案です。また、1階から3階まで同じ位置に同じ大きさの小さな納戸を設けて、将来ホームエレベーターを追加工事しやすくしておくこともできますよ。

「2階リビング」のつくり方も併せてチェックを!

山本さん、ありがとうございました。「3階建て住宅」を検討されている方は、建築家直伝!「2階リビング」の魅力も併せて読んでみてください。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約