【建築家直伝】「子供部屋」の考え方

「子供が生れたから」「子供の新入学を機に…」。子育てファミリーが家を建てるきっかけにお子さんの影響は大きく関係してきます。その際に、必ず考えなくてはいけないのが子供部屋の広さや位置、そもそも子供部屋って必要なの…といった「子供部屋の意義」。子供部屋を設ける際のポイントやアイディアについて(株)杜設計代表・一級建築士の山本浩平さんが教えてくれました。

子供部屋づくりは「教育方針」がカギ

子供部屋について悩んでいる方にお聞きするのは、ご家庭の「教育方針」です。つまり「どのように子育てをしたいか」「どんな子に育ってほしいか」という思いや夫婦それぞれの意見を紐解いていくと、子供部屋をどうするか、決まってきますよ。

子供部屋のベストな「広さ」は?

主に子供部屋づくりで大きく2つにわかれるのが「広さ」です。4畳半程度の寝るだけのスペースにする方、なるべく広めに、ベッド、収納、勉強机も置くパターンにわかれます。

リビング学習派なら【4畳半程度】

勉強は基本的に「リビング学習」。子供部屋には勉強机は設けず、ほぼ寝るだけの空間ならコンパクトでOK。勉強はリビングなど家族の目の届く場所にカウンターを設けたり、家族共有のスタディ―ルームを設けることが多いようです。

勉強も収納も自分の部屋派は【6畳以上】

寝るだけのスペースではなく、収納から学習机まで全て配置するなら6畳以上がおすすめ。中学生以上のお子さんや、なるべく子供を干渉せず、自主性を育みたい方は、ゆったり広めのスペースを確保するといいでしょう。

子供部屋づくりの注意点!

将来を見据えた「内装」選びを

クロスなどは、ある程度将来を見越したご提案をさせていただいております。小さなお子さんや、赤ちゃんがいるご家庭では、かわいらしい内装を選ぶことが多いです。数年は楽しんでいただけると思いますが、少し大きくなったら飽きてしまったり、子どもっぽい…と感じるかもしれません。

「2ドア1ルーム」は本当に便利?

子供が小さいうちは、1部屋で広々と使い、大きくなって個室が必要になったら仕切れる、2つのドアを設けた子供部屋が最近人気があります。一見便利そうですが、案外数年経って壁を設置するご家庭は少ないようです。そのまま1部屋で使用したり、簡易なカーテンなどで仕切るケースも多いようです。

簡単に仕切れる「可動式収納」も人気

異性であったり、年が離れている兄弟姉妹で、将来的に必ず壁を設けると決めているのであれば、最初から壁で仕切ってしまった方が便利。最近は簡易な仕切りとして「可動式収納」の依頼も多いです。

音漏れは「収納」のワンクッションで解決

兄弟で、もしお互いに気になるようであれば「防音性」も考えるとよいかもしれません。隣の音がうるさくて「兄弟喧嘩になる」というご相談を受けたことがありました。壁で仕切るのではなく部屋と部屋の間に収納を設置したのですが、程よいワンクッションとなったと喜んでいただきました。

子育てに便利な「収納」

あえて中を見せる「扉なし」クローゼット

収納については、様々な事例があります。一番多いのは、それぞれの部屋に収納を設けるケース。最近はクローゼットの扉をあえて設けない子供部屋もあります。「収納の中を見える状態にしていた方が、ちゃんと整理整頓するから」という教育上の考えから扉なしを希望される方が多いです。もちろん扉の分のコストを抑えられるメリットもあります。

使い勝手良好!ファミリークローゼット

子供部屋に収納を設けず、大きめのファミリークローゼットに家族分の洋服をまとめて収納するケースも最近増えています。家族の洋服を管理できる上、洗濯物をしまうのも楽。家事負担も軽減できます。その分、子供部屋を広くできるのも魅力で、子供が巣立った後は、趣味空間などとしても活用できます。

まとめ

山本さん、ありがとうございました。家を建てることを機に、夫婦で「子育て」について意見交換してみると良さそうです。ぜひ、新しい住まいで、楽しく充実の子育てライフが叶うといいですね。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約