建築家直伝!「2階リビング」の魅力

戸建とマンションを悩んでいる方には、「眺望が捨てがたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。そんな方への選択肢のひとつとして今回は「2階リビング」をご紹介します。「2階リビング」の魅力やメリット・デメリットのを(株)杜設計代表・一級建築士の山本浩平さんにお聞きしました。

日当たりや眺望も魅力!「2階リビング」のすすめ

実はメリットが多い「2階リビング」。リビングは1階、という固定概念を捨てて、2階リビングの魅力を探ってみましょう。街中の狭小地や人通りの多い立地、日照条件、また二世帯住宅で親御さんが1階に住むからと「2階リビング」を採用するケースもあります。実際に住んでみると「2階リビングにして良かった」という声が多いでんですよ。

2階リビングのメリット

  • 日当たりが良く開放的
  • マンションのように、美しい眺望を楽しめる
  • 外部からの視線を気にせず、ゆったり寛げる
  • 車や人の声など、外の音が1階より気にならない
  • 2階に水まわりがあるなら、洗濯物を干すバルコニーへの洗濯動線が短くなる

2階リビングのデメリット

  • 階段の上り下り。2階へ毎日あがるのが大変
  • 将来的な不安(足が悪くなった時に階段を上れなくなる)
  • 子供部屋が下にある場合のコミュニケーション不足に

快適な「2階リビング」をつくるポイント

メリットの多い2階リビングですが、やはりデメリットもあるので心配です。もちろん、様々な工夫次第でデメリットを解消し、より快適で住み心地のいい「2階リビング」をつくれるため、ぜひ参考にしてみてください。

将来を見据えた設計で「安心感」を備える

一番の不安要因となるのが「階段の上り下り」。帰宅したら必ず2階に上がる必要があるので「若い時はいいけど、将来的に不安…」と悩む方も多いです。それならば将来ホームエレベーターを追加工事できるスペースを設けるのも一案です。1階、2階に上下同じ大きさの納戸を設置するなど、将来を見据えた設計にすると安心です。

植栽で「美しい眺望づくり」が可能

一番の魅力は眺望や明るさですが、いざ眺望を楽しもう!と思ったら、「目の前の景色が無機質だった」では残念です。2階リビングの最大のメリットを生かすために自宅の植栽に工夫を加えることで窓からの景色が素敵なります。庭やアプローチに、少し高めの木々を植えて、窓から緑がのぞくように仕掛けをつくると緑に癒され、暮らしがゆたかになるはずです。

子育て家族には「2階に子供部屋」もおすすめ

2階にリビングを設けると、1階に寝室や子供部屋を設けるケースが多く「子供が帰宅後に、黙って自分の部屋に入ってしまいそう」という相談も受けます。それならば、2階にLDKと子供部屋2つ、1階にバスルームと寝室、客間というプランを考えてみてはいかがでしょう。同じフロアに子供部屋があることで、より家族のつながりを感じることができ、親子の会話も増えそうですね。

リビングに繋がるアウトドア空間で家時間充実

狭小地ではお庭のスペースをとれなかったり、2階リビングでは団らんの場とお庭のつながりを楽むことができないため、スペースが取れるなら椅子とテーブルを置けるくらいの大きなバルコニーなどのアウトドア空間を設けることをおすすめします。戸建でありながら、マンション暮らしのような楽しみ方もできます。

まとめ

山本さん、ありがとうございました。ちょっとしたプランニングの工夫で快適な「2階リビング」が実現できそうですね。ぜひこれからプランを考える方は、参考にしてみてください。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約