あなたはどっち?注文住宅VS建売住宅

新築戸建は注文住宅か建売住宅の2パターンに分けられるのを知ってますか?

注文住宅はハウスメーカーなどの施工会社と請負契約を結び、設計士が設計、施工会社が建てる方法のことを指します。これに対して建売住宅は建築会社や不動産会社などが建てた(又は建てる予定の)土地付き建物を売買契約によって購入することです。

それぞれの特徴を見て行きましょう。

注文住宅

  • 値段…価格が高い
  • 間取り…自由な間取りが作れる
  • 設備…住宅設備を選べる
  • 建築工程…建築中に家の中身が見える
  • 工期…設計から完成まで時間がかかる

建売

  • 値段…価格が安い
  • 間取り…間取りを選べない
  • 設備…設備の選択肢がない
  • 建築工程…建築中の様子が見れない
  • 工期…すぐに住める

値段の違い

一般的な傾向としては、注文住宅の方が建売住宅より費用が高額になります。統計でも800万円~1000万円ほど費用が異なると言うデータも出ています。

建売の場合、不動産会社やハウスメーカーが自社設計、建築を行い、ある程度の規格があるケースが多いです。また建てた物件を早く売りたいと考えるため建売住宅は値引き交渉もしやすい傾向があります。

一方注文住宅は基本のプランから注文主(施主)の要望をどんどんプラスしていくので高額になる傾向はあります。ただしローコストのメーカーやコストを抑えられるプランを設けている会社も増えてきているため注文住宅だから価格が高いとは言い切れません。気になる住宅メーカーのカタログなどをみて比較してみるとわかりやすいでしょう。

間取り・デザインの違い

圧倒的な間取りの自由度、外観のバリエーションの多さは注文住宅ならではといえます。こだわりの書斎が欲しい、アメリカンスタイルの外観がいい、など建売では叶わない要望が強ければ、注文住宅で理想や希望を伝えて設計してもらう方が良いでしょう。

一方、建売住宅は住宅メーカーごとの標準の仕様で建てられるので間取りと併せてデザインも似たタイプになりやすい特徴があります。分譲地の中で同じようなデザインの家が立ち並んでいるところを見かけたことはありませんか?購入物件の隣の物件と似ていても気にならなければ他のの特徴で比べてみると良いと思います。

設備の違い

これも間取りと似ているのですが、建売住宅の場合、殆どのケースで標準仕様が決まっており設備を選ぶことができません。例えばコンセントの位置ひとつにしても、欲しい場所にないという小さなストレスが出てくる事はやむを得ないかと思います。また、カーテンレールや、照明、網戸、エアコンなどの設備も最小限だったり、設置されてないことも多くあります。

一方注文住宅であれば、例えばキッチンのシンクの高さを自分の身長に合わせたものを選ぶことができます。個人のライフスタイルに合ったものを初めから選ぶことができるので住み始めた後の満足度が高くなるといえます。

建築工程や工期は?

建売住宅の場合、ある程度工場でユニット化されて現地で組み立てるメーカーもあるほど、工期が短いく済む傾向にあります。そのため購入を検討している段階で既に物件が完成していたり完成に近かったりすると建物を建てている途中の工程を見ることができません。今は第三者機関が建築確認という検査を行うため、過去にニュースになった断熱材や傾きの問題といったことは起こりづらくなりました。しかし、実際自分の目で確認したいと思うのであれば物件を選ぶ必要があります。

一方注文住宅の場合はハウスメーカーと契約をした後、請負工事が始まるため、住める状態になるには時間がかかります。設計、施工と進むのですが、設計士さんや大工さんたちと直接話すことで現場の基礎の段階から一つ一つ見ていくことができ安心感や信頼感も得られるでしょう。ただ、注文住宅の場合は実際に家が立たないと完成した状態を見られないという点があります。あくまで図面上の話で進むので日当たりや壁紙の色などのイメージが自分が考えていたものと異なるケースも出てくる事があるかもしれません。ズレを減らすために、今では3Dでの設計やVRでの体験もできるハウスメーカーも出てきているようです。

いかがでしたか?

今回は注文住宅と建売住宅の特徴を見てきました。あなたが感じるメリット、デメリット、気にならない部分を洗い出しながら、ご自身にあった方法で家を決めてみてくださいね。

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約