家づくりの進め方(注文住宅編)

家を建てたい!と思った時、何から始めればいいのでしょうか?実はこだわりの間取り以外にも考えること、やらなければならないことがたくさんあります。今回は、家づくりの進め方についてご紹介。

初めての家づくりを注文住宅で建てたいと考えている方必見です!

「注文住宅」家づくりの進め方

①建てたいイメージを相談

ハウスメーカーに、家に対するご家族の希望や条件を実際に相談してみましょう。その中で自分たちに合っている工務店やハウスメーカーが絞られてくるはずです。お気に入りの建設会社を見つけていきましょう。

※どこのハウスメーカーが良いかお悩みの方、自分に合ったハウスメーカーが知りたい方は、直接ハウスメーカーに行く前に建てる窓口へお越しください。お客様にぴったりのハウスメーカーをご紹介いたします。

②土地状況の確認

購入予定の土地で希望通りの家ができるかの確認はとても大切。道路や周りの建物を含め、現地を見ながらのチェック!例えば、日当たりに強い希望を持っていても、南側にマンションが建つ予定があるとなると、別の土地を探したほうが良いケースも出てきます。事前に気になる箇所やポイントを書き出しておくと聞き漏れがなく安心です。

③図面の作成

家のイメージと土地状況の結果をもとに、建築メーカーにプランニングをしてもらいます。1/100サイズの図面を出してもらうのが一般的です。

④資金計画と住宅ローンの仮審査

どこまでを住宅ローンに使うか考えておきましょう。金額を土地代や、家全体の見積もり、地盤対策や外構などの付帯工事、また、手続き上の諸費用を含めた金額でローンの仮審査を出してもらいます。その際には、返済計画などを含めてライフプランをファイナンシャルプランナー(FP)が相談に乗ってくれるところもあります。

➄契約・住宅ローンの本審査

仮審査が通るとあたらめていよいよ契約です。そしてその後、住宅ローンの本審査になります。本審査は仮審査よりも時間がかかるケースが多いです。

⑥プランの具体化

具体的な図面が出てくるのはこのタイミング。平面図や立面図から、キッチンや浴室などの設備仕様の種類などをたくさんある中から選んでいくので、家づくりの一番楽しい部分かもしれません。

⑦着工

事前に必要な建築確認申請などが済むと、工事がスタートします。工事の無事を祈って地鎮祭を行う方もいらっしゃいます。調査に基づいた基礎工事、上棟式ののち、内装、外装と進み、最後に外構を行うのが一般的です。

⑧完成・引き渡し

建物全体をチェックし、社内と建築確認検査機構による完了検査を終えると待ちに待ったお引渡しとなります。長い期間かけてきたイメージの家に住めるのは素敵なことですね!

⑨登記

引き渡しから1ヶ月以内に土地・建物の登記が必要になります。土地購入した業者に確認して進めるのがいいでしょう。

⑩アフターサービス・定期点検

長く住んでいると段々と不具合などが出てくるもの。定期的なメンテナンスを行いましょう。HPなどから定期点検のサービスについて触れているメーカーもあるので、契約前にぜひ一度見てみてくださいね。

いかがでしたか?

家の間取りや設備を考える以外にもたくさんのことを選択しながら決めていく必要がある家づくり。そこにはプロのアドバイスを仰ぐことも可能です。全体のざっくりした流れを踏まえながら、ぜひ気になることは確認してみてくださいね!

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約