「住宅展示場」見学のコツ~準備編~

家を建てたい!そう考えた時に一度は足を運んでみるのが「住宅展示場」ではないでしょうか?ハウスメーカーなどのモデルハウスを展示している大規模なハウジングギャラリーのような施設を想像するかもしれませんが、自社のモデルハウス1棟だけでも「住宅展示場」と謳っている場合もあります。

住宅展示場の魅力は?

実際の建物を見て暮らしをリアルに体感できる

住宅展示場は、実際の建物に入り、自分の目で見て、間取りの使いやすさや設備を体感でき、新生活をリアルにイメージできることが最大の魅力。ハウスメーカーや工務店によって違うデザインや強みを知るだけでなく、「こんな暮らしがしたい」という希望を具体的に思い浮かべることができます。

設備仕様や外壁、内装を見ることで、家族間で要望を共有したり、断熱や遮音性を体感したり、様々なサンプルを準備して、見せてくれることもあります。

一気にたくさんの情報収集が可能

モデルハウスが無料で見学でき、その場で営業さんに質問が出来ます。さらに大型展示場であれば、家づくりに関する多彩な情報を1か所で収集できるメリットも。カタログなどの資料も手に入れられるので、自宅に帰ってからゆっくり目を通すことができます。

資金相談会など各種イベントも

週末は「住宅ローン相談会」などのイベントが開催されている場合もあります。マイホームを考えているほとんどの人にとって必要な住宅ローンですが、実際には知らないことが多いものです。これから家を建てようと考えるなら、相談会への参加は一石二鳥ですね。(要予約のケースもありますので、事前にチェックしていきましょう)

【事前準備】住宅展示場に行く前に

住宅展示場の魅力を知ったところで「とりあえず、展示場に行ってみよう!」と思っている方は、ちょっとだけ、お待ちください!ほんの少しでも良いので事前準備をしてみませんか。

時間を有効に使うために下準備を

その理由は、何も知らないままで展示場へ足を運んでしまうと、各社のセールスポイントを聞くなど、営業さんの一方的なトークで終わってしまい、一社の見学で疲れてしまった…、結果的に時間を有効に使えず、他のモデルハウスを回れなかった…ということになりかねないからです。

大型展示場なら、なおさらです。せっかくならたくさんのモデルハウスを見て、自分に合ったメーカーを見つけたいですよね。ぜひ客観的な視点を持てるよう、少々知識をつけていきましょう。

ネットや雑誌で情報収集を

インターネットで情報を収集するだけでもOKですが、ブログなどは主観が入っている場合もありますので、書店で販売されている住宅情報誌やフリーペーパーなどで様々な記事に目を通してみることもおすすめです。

土地の広さ、希望エリア、予算を考えておく

すでに土地を持っている場合は、その土地の広さを把握しておき、これから土地購入を検討する方は、希望エリアや広さ、予算などを考えておきましょう。

住宅展示場のモデルハウスは一般的な住宅よりも広い土地に建てられており、さらに建物も大きく建てられていることがほとんどです。具体的な土地の広さを知っておくことで、具体的な建物の大きさをイメージしやすく、営業さんに質問がしやすくなります。

今の家から「改善したいこと」を考えておこう

今、住んでいる住まいで不満に感じていることをぜひリストアップしておきましょう。そうすることで、見学する際に見たいものが明確になりますよ。例えば…

  • 家事動線が不便(キッチンと洗面所が遠い)
  • 収納が少なくて、物が溢れている
  • 子供部屋が足りない
  • 光が入らなくて暗い
  • 冬場は寒くて、夏は暑い
  • 隣家や道路から室内が見える、目線が気になる

等々、思い浮かぶことがありますよね?現在の悩みをピックアップすることで、どんな家で、どんな暮らしたいか、イメージが湧きやすくなります。中庭や吹抜けが欲しいといった要望がある方は、ハウスメーカーによって対応が異なるので、こだわりポイントも挙げておきましょう。

悩みや希望がパッと出てくるようにしておくと、より的確な質問や相談がしやすくなるので、ぜひ情報収集と共に準備をしておきましょう。

いざ、住宅展示場へ

いかがでしたでしょうか?とりあえず行ってみよう、という前にほんの少しでよいので準備をすることが、住宅展示場で有意義に過ごすコツですよ。次回は実際に展示場へ行った際の「見学のポイント」をご紹介します!

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約