家づくりの進め方(建売住宅編)

家が欲しい!と思った時、どのような流れで自分のマイホームになるのでしょうか?今回は建売住宅のケースについてお伝えしたいと思います。

建売住宅とは?

不動産会社が土地と建物をセットにして売っている住宅のことを指します。要望の多い設備が取り入れられながらもオプションなどの追加は難しいという特徴があります。また、すでに建築済の建物であれば、契約後すぐに入居できるのも大きなポイントといえるでしょう。

建売住宅購入の場合の進め方

①物件調べ

どこにどんな物件があるのかを事前に調べていきます。インターネットのポータルサイトやチラシで見つけることもできますが、数が膨大になったり、偏りが出たりします。
建てる窓口でご相談いただければ、ご希望エリアや価格帯をトータルで検討しながらお調べすることもできますので、ぜひご利用ください。

②物件の内覧

物件を取り扱う不動産会社と連絡を取り、物件の見学に行きます。この時、気になることをきちんとまとめておくとやり取りがスムーズにいくでしょう。

③購入の申込・住宅ローンの仮審査

物件購入の意思が固まったら、申込を行います。この際申込証拠金が必要となるケースもあります(数万円~十数万円程度)。それとともに、住宅ローンを利用する方は、銀行にローンの仮審査を出します。こちらの手続きは不動産会社の提携先にお願いするか、自分の口座のあるところがやりやすいでしょう。事前に金利を調べておくことも大切です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pixta_78512104_M-1024x683.jpg

④売買契約・住宅ローン本審査

仮審査が通ると、売買物件の契約となります。手付金として金額の5%から10%が支払わられるのが相場です。合わせて住宅ローンの本審査が行われます。また万が一、本審査に通らず契約破棄になった場合でも、「住宅ローン特約」が設定されているケースが多く、手付金の返金が可能になります。リスク回避のためにも契約内容に特約が含まれているかをチェックすることも大切です。

⑤引き渡し前の最終内覧

ローンの審査が通り、融資が下りると、引き渡し前の最終内覧になります。ここで設備などに不具合や不備がないかのチェックをきちんと行いましょう。

⑥代金の支払い・登記

残りの代金の支払いの手続きを行います。また物件の所有権移転登記を行います。

⑦引き渡し・引越し

すべて完了すると引き渡しとなり、引越しして晴れて住み始めることができます。

いかがでしたか?

注文住宅の手続きに比べるとかなり期間も内容もシンプルな流れになる、建売住宅。ご自身のスタイルに合わせて検討してみてくださいね。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。 「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。 詳しくはこちら
家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約