「住宅展示場」見学のコツ~現地編~

家を建てたい!そう考えた時に一度は足を運んでみるのが「住宅展示場」ではないでしょうか?ハウスメーカーなど多数のモデルハウスを展示している大規模なハウジングギャラリーの他、自社のモデルハウス1棟だけでも「住宅展示場」と呼んでいるケースもあります。

「とりあえず住宅展示場へ行ってみよう」と考えていた方は、「準備編」を紹介していましたので、そちらに目を通して事前準備をしてみることをおすすめします。

今回の「現地編」では、いざ展示場に行ったら何をすべきかをご紹介していきます。

住宅展示場でやるべきこと&確認ポイント

事前準備が整ったら、気になるハウスメーカーや工務店のモデルがある展示場や、大型展示場へ足を運んでみましょう。

理想の外観は?イメージを膨らませよう

まず目につくのが「家の外観」ですよね。大型展示場では、「輸入住宅」「洋風」「和風」「モダン」等、様々なデザインの佇まいが並んでいます。複数のモデルハウスが並んでいれば比較しやすいので、理想の雰囲気がまだ明確ではない方は、まずは敷地内全体を歩いてお気に入りのテイストを探してみましょう。

その際に、外壁の素材感(サイディングや塗壁など)、屋根の形状、玄関の雰囲気など全体的なバランスもチェックしていきましょう。

家事動線や生活動線から暮らしをイメージしよう

続いて、モデルハウス内部を見学する際のポイントです。そのモデルハウスに住んで見たら自分達が「どんな生活を送れるのか」想像して見学してみましょう。

その際に生活や家事動線を元に、暮らしをリアルに思い浮かべることがポイントです。例えば…

  • 帰宅したら、玄関のどこに靴をしまうか
  • 子供が帰宅した時に、コートやランドセルをどこに置くか
  • キッチンで料理をしている時の目線や動き
  • 洗濯動線(洗濯、干す、畳む、しまうの一連の動作)
  • 2階へあがる際の動線(階段の位置)

モデルハウスのアイディアを参考にしながら、暮らしを想像していくと、どんな動線が便利で、どこにどんな設備や収納を用意するべきか、自分たちのライフスタイルに合った要素が具体的になってきますよ。

新たな気付きも!複数のモデルハウスを見よう

例えば「絶対にアイランドキッチンがいい」「リビングは吹抜けで!」など、こだわりがすでにある方もいらっしゃると思います。その場合、時間短縮のためにも検討対象でないモデルハウスを見学から除外してしまうかもしれません。

しかし、検討対象でなかったモデルハウスをチェックすることで、キッチン構造の学びがあったり、「実はこちらの方が使いやすい」など視野が広がり、新たな気づきが生れることもあります。

ぜひ、時間の許す限り、なるべくたくさんのモデルハウスを見学してみましょう。

断熱性などの住宅性能や安全性をチェック

デザインや雰囲気だけではなく、住宅性能をチェックすることもお忘れなく!ハウスメーカーごとに特徴が異なり、「断熱性」や「換気システム」などは独自の技術を売りにしているハウスメーカーもあります。住み心地に直結してきますので、ぜひ少し面倒と感じても営業さんのお話を聞いてみるといいでしょう。

ぜひ、時間の許す限り、なるべくたくさんのモデルハウスを見学してみましょう。

標準仕様かオプションか。確認しておこう

モデルハウスの設備、性能について確認出来たら、それが「標準仕様」か「オプション」か、こちらも忘れず確認しましょう。モデルハウスは、設備仕様、住宅性能に関してもオプションを多用している場合があります。

設備仕様や性能面に惹かれて依頼を決めたとしても、後からそれが高額なオプションだったと判明したら、少し残念な気持ちになりますよね。予算の兼ね合いからも、明確にしておくと後々安心です。

家族で行くならイベントもチェック!

休日、子供と一緒に住宅展示場へ足を運ぶなら、イベントは要チェックです。「資金相談会」をはじめ、景品が貰えるスタンプラリー、さらにはキャラクターショーや「○○を作ろう」といった子供が参加できるイベントも多数開催されているため、車で遠方へ足を運べる方なら、イベント情報から訪れる住宅展示場を決めてみるのもおすすめですよ。

展示場は夢を具体化してく場所

「営業されるかも」「入るのに緊張する」…と初めて足を運ぶ際は不安を感じるかもしれません。しかし、住宅展示場は、マイホームの夢をより具体化していける場所であり、新しい暮らしについて考えるきっかけを与えてくれる場所でもあります。少しの知識をつけることで、安心して足を運べますよ。

ぜひ住宅展示場へ足を運び、夢を膨らませながら存分に見学を楽しんでほしいと思います。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約