知っておくと役に立つ!照明プランニングの工夫

憧れのマイホーム、せっかくなら居心地の良い空間に仕上げたいですよね。しっかりと照明のプランニングを考えることで、理想の空間を叶えることができます。今回は、シーンごとに用途にあった照明演出のご紹介をしていきます。

照明の種類について

照明には、大きく分けて「直接照明」と「間接照明」があります。こちらについては、直接照明と間接照明の豆知識で、分かり易くご紹介しておりますので、是非ご覧になってくださいね。

照明の組み合わせを考える

どんな用途のお部屋か、どんな雰囲気のお部屋にしたいかによって、照明の組み合わせのバリエーションが異なってきます。同じ室内、同じインテリアでも照明一つでお部屋の印象は変わってくるので、理想の空間をイメージしながら慎重にプランニングをしていきましょう。

シーン別!おすすめの照明プランニング

それでは、お部屋ごとにおすすめの照明プランニングをご紹介していきます。

リビング

天井と壁面を照らす

家族みんながくつろぐ場所だからこそ、居心地の良い空間に仕上げたいもの。シーリングライト×壁面を照らすブラケットライト等の組み合わせは、天井面と壁面の照明を強調させることで、空間をより広く見せる効果も。開放的でゆったりとした雰囲気を演出してくれるので、リビングにおすすめの組み合わせです。

子ども部屋

室内全体を照らす

子ども達が勉強したり活動したくなるように、明るい空間に仕上げるのがおすすめ。直接照明であるシーリングライトで天井と床を、ブラケットライトといった間接照明で壁に照明を当てるなど、天井・床・壁の広範囲に光が行き届くように設計すると良いでしょう。

寝室

部分的に照らす

最小限の明るさを取り入れた、落ち着きある癒しの空間演出がおすすめ。ブラケットライトやペンダントライトを活用しながら、明るさが調整できる調光タイプなどを取りれてドラマチックで雰囲気ある空間に仕上げるのがポイントです。他にも、観葉植物の下から照明を当てれば、天井や壁に映し出される葉っぱの陰影の表情を楽しむこともできます。寝室はぜひリラックスできる空間づくりを意識しましょう。

玄関

床面を強調させる

玄関は作業をする場所ではないので、隅々まで明るくする必要はありません。足元を照らすフットライトやダウンライトで床面を強調させたプランニングは、落ち着きあるイメージに仕上がるので、特にモダンスタイルの玄関にぴったりです。

家の顔とも言える場所だからこそ、素敵だなと思われる空間に仕上げたいところ。ペンダントライトやシャンデリアなどデザインを見せる照明ももちろん素敵なので、住まい手の求めるイメージに合わせて好きな照明器具を選んで空間デザインを楽しんでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?用途に合った照明の組み合わせを取り入れるだけで、単調だったお部屋も素敵な空間に仕上がり、住み心地の良い住まいを実現することができます。ぜひ新築を建てる際は、今回の記事を参考に照明のプランニングにもこだわってみてくださいね。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約