ハウスメーカーで家を建てるメリット・デメリット

家を建てることに興味を持つと、まず目に付くのがテレビCMやチラシなどのハウスメーカーが発信する情報ではないでしょうか。住宅展示場に出かけると、様々なモデルハウスを見学でき、ハウスメーカーを知ることができます。

家を建てる会社はハウスメーカーのほか、工務店や設計事務所などもありますが、今回はハウスメーカーに注目し、そのメリットをご紹介します。

ハウスメーカーの特徴とは?

ハウスメーカーとは、独自ブランドの注文住宅を大量生産し、全国で展開しているような大きな規模の会社を指します。自社で生産設備を持つことで、建材の大量仕入れと数多くの構造や間取りなどを規格化し、一定の水準の品質を保った家を提供することができます。

ハウスメーカーには様々な「規模の大きさ」から得られるメリットがたくさんあるんです。

ハウスメーカーを選ぶメリットとは?

メリット1:完成まで全てがわかりやすい

住宅展示場などでモデルハウスを見学できますし、外観や間取りなども規格商品から選ぶことで、完成する家をしっかりとイメージしながら家づくりを進めることができます。

分かりやすさは費用の面も同じです。価格の決まった規格商品を選びながら見積もりを作るので、想定外の費用がほぼありません。実際にいくらで完成するのか、分かりやすいのも大きな魅力です。

メリット2:より安く良質な家が手に入る

建材や設備の大量仕入れ、大量生産などのシステム化された家づくりによって経費を抑えることができ、より品質の高い家をより安く提供できます。これがハウスメーカーの最も大きな強みとも言えるでしょう。

メリット3:安心の長期保証システム

家は建てれば終わりというものではありません。長年使い続けるものですから、補修や修理が必要となることもあります。その点もハウスメーカーなら安心。外壁や屋根の点検や補修、シロアリ対策、30年以上の長期保証など、メンテナンスを含めた保証制度が充実しています。

デメリットもあるの?

ハウスメーカーは規格商品を使って家を建てることをメリットとしていますから、その規格から外れると、デメリットが生じることも。

  • 間取りや素材など、メーカーが提供するもの以外を選べない
  • オリジナルの間取りにするなど規格外のことをすると費用が高くなる
  • 規格外のことをすると建築期間が長くなる
  • 規格外の部分は保証の対象から外れる場合がある

自由に家を建てたい方にはデメリットが多くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

各社の得意分野を知り、理想の家づくりを叶えよう

ハウスメーカーには先ほど紹介した3つのメリット以外にも、たくさんの魅力があります。デメリットもしっかりと理解した上で、ハウスメーカーという選択をすると良いでしょう。

ハウスメーカー1社1社、それぞれが得意分野を持ち、様々な工法・デザインの住宅を提供していますので、是非、無料相談会や住宅展示場などを利用して、理想の家づくりが叶うハウスメーカーを見つけてくださいね。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約