コロナで変わる新しい「家づくり」

住まいの購入を考えていたけれど、新型コロナウィルスの影響で足踏みしていた方も多いのではないでしょうか?

仕事やショッピング、学びの場など、「新しい生活様式」の導入によってオンラインで行うリモート化が進められていますが、住宅購入についても様々な工程に「IT化」の導入が進んでいます。

今回は「コロナ禍」で変化する「家づくり」「家選び」についてお話していきます。

コロナ禍に広がる「オンラインで家づくり」

「家探し、家づくり」のリモート化一例

家探しで欠かせない「モデルハウス見学」「現場見学会」。不要不急の外出を自粛しなくては…と考えている方にも少しでも検討する方法が提供できるように、来場型以外の新たなシステムが各社で導入されています。

  • オンラインプラン相談会
  • オンライン資金相談会
  • WEB上でプラン作成できるシステム導入
  • 各種オンラインセミナー
  • モデルハウス(モデルルーム)のライブ見学会

これまでは、来場してモデルハウスで担当者と相談するケースが大半でしたが、現在はオンラインで相談をしたり、家選び、ハウスメーカー選びやりやすくなっています。

【オンライン相談の具体例】

例えば、積水ハウスでは、在宅で住まいづくりの相談ができる「おうちで住まいづくり」を実施しています。

予約制で、間取りや土地探し、資金などについて電話やWEBで担当者と相談ができ、希望者にはVR(バーチャル・リアリティ)を使ってプランニング例などを体験できる「住まいづくり」体験セットを無料で送付してくれるサービスも。休日に家族でゆっくり検討できそうですね。

来場者への感染対策も徹底

もちろん、来場して見学や相談をする場合も「予約制」「少人数制」「こまめな消毒・換気」など各社で感染対策を徹底。少しでも安心感を持って家づくりを進めていただけるよう、各会社、各展示場も配慮されています。

プラン希望、ニーズにも変化が

家にいる時間が増たこと、感染対策といった観点からも、希望やニーズが少し変化しています。以前から人気のある間取りでしたが、生活様式の変化に伴って、下記のような点を重視する方が増えているようです。

  • 帰宅後の手洗いうがい用の洗面台設置(玄関の側に設置)
  • 大人がテレワークできる書斎スペースの設置
  • 子供のオンライン授業用のスタディスペースの設置
  • 休日の「いえ時間」を楽しむテラスやバルコニーの設置
  • 家族みんながストレスなく過ごせる広々リビング

不動産業界で進む「IT化」

不動産業界ではコロナ以前から「IT化」を導入

家探しの「オンライン化」が進んでいますが、実は、不動産業界ではコロナ以前から「IT化」が推進されていました。

その一つが重要事項説明(重説)。賃貸や売買の契約時に義務付けられている重説をリモートで行えるようにしていこうという動きがありました。

これまでの重要事項説明は大量の書面を使い、借主や買主に対して「対面」での重説が行われてきましたが、2015年から賃貸取引と法人間売買取引での社会実験を経て、2017年10月からは賃貸取引での本格運用がはじまり、現在はリモートでの重説を実施できるようになっています。

2019年10月からは、売買取引でも事前登録済みの不動産会社によって社会実験が開始されており、コロナの影響を受けてテレビ会議などを利用した非対面での「IT重説」が暫定的に許可され、現在は可能となっています。

売買取引のIT重説は何が必要?何がいい?

  • 売主と買主、双方の同意が必要
  • 重要事項説明書などの資料が、事前に郵送されてきて目を通しておける
  • 通常の重説と同様に不動産会社側から宅地建物取引士証が提示
  • 説明の様子は、録画・録音される
  • 説明後は買主にもアンケート調査が実施され、国土交通省に提出
  • 非対面のため、感染防止対策となる

非対面とのことで、感染防止という観点以外にも時間も調整しやすい点も魅力。IT重説は、コロナ禍の「新生活様式」の中、今後も普及していきそうです。

コロナ禍だからこそ、家づくりが進む!?

コロナの影響で家づくりが進まない人がいる一方で、オンラインを上手に活用できたことで「家づくりが進めやすくなった」方も多いでしょう。「仕事が忙しくてなかなか時間がとれない」という方こそ、今後は「家づくりを始めてみようかな」と一歩踏み出すことが出来るかもしれません。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約