薪ストーブとペレットストーブの違い

身近にある資源(木材)をエネルギーに、エコで環境に優しい暖房器具として注目されている薪ストーブとペレットストーブ。どちらを設置しようか悩んでいる方に向けて、どう違うのか、それぞれどんな魅力があるのかについてご紹介いたします。

薪ストーブとは

薪ストーブは、薪を燃料とした暖房器具です。薪を燃やすことにより発生する遠赤外線効果によって壁や床、天井を暖めてくれます。エアコンやファンヒーターでは味わえないじんわりとした暖かさや、薪のはぜる音や火の揺らめきを楽しめのも魅力の一つです。

薪ストーブの魅力

じんわりと体の芯まで温めてくれる

遠赤外線による輻射熱の効果によって、空気を暖めてくれるだけではなく、ポカポカと体の芯まで温めてくれます。また、高いところから低いところへ放射される赤外線の性質により、家全体まんべんなく暖めてくれるため、寒暖差のない住まいを実現することができます。

料理が楽しめる

薪ストーブの熱を使って、煮込む、焼く、揚げる、ゆでる、炒めるなどさまざまな調理に利用することができます。ピザや焼きいも気軽に焼くことがきでるので、お客さんが来た時には、素敵なおもてなしができること間違いなしですね。

気になる煙も「二次燃焼」でほぼ透明に

薪ストーブ内にある密閉された「火室(かしつ)」で、薪を燃やして出た煙や燃え切ったガスを再度燃やすことで、排出する煙の量を大幅に減少し、煙をほぼ透明にしてくれます。「二次燃焼」は、煙突の目詰まりを軽減するだけではなく、少ない薪から効果的にエネルギーを引き出すメリットもあるのです。

ペレットストーブとは

ペレットストーブとは、木質ペレットを燃料とした暖房器具です。国産のペレットストーブの多くは、強制給排気方式(FF式)を採用し、ファンで強制的に気流を起こすので電力が必要になります。また、薪ストーブと同様に、木質ペレットを燃焼させることによって、遠赤外線で室内をじんわりと暖めることが出来ます。

ペレットストーブの魅力

煙突不要で導入がしやすい

ペレットストーブは、薪ストーブのような本格的な煙突ではなく、壁に穴をあけて排気管を屋外へ出すだけの設置工事で済みます。なので、薪ストーブよりも手軽に導入できるメリットがあります。

燃料の確保と管理がしやすい

ペレットは持ち運びもしやすく薪のように場所も取りません。燃料を補充する際は、ペレットを投入するだけなので、使用時に手が汚れる心配もなし!女性でも管理がしやすい点が魅力の一つと言えるでしょう。

自動着火やタイマー着火機能も

着火用ヒーターが内蔵されてるペレットストーブは、ボタン一つで簡単に着火することができます。この自動着火は多くの機種で採用されており、中にはタイマー設定できるものも。朝起きたら、お部屋がぽかぽかだと幸せですね。

どちらも環境に優しい

植物から得られる「木質バイオマス燃料」って、燃焼した際にCO2が排出されるから環境に悪いんじゃ?と思われる方もいますが、CO2を吸収して育つ木材を燃やして排出されたCO2は、もともと大気中に存在してたもの。結果としてCO2の増減には影響のない、地球温暖化に有効な「カーボンニュートラル」を実現しています。なので、薪ストーブやペレットストーブは、他の暖房器具よりエコで環境に優しい暖房器具と言われています。

停電時に使えるのは薪ストーブ

ペレットストーブは、ボタン一つで簡単に着火ができ、お手入れも簡単!魅力的な面がたくさんある一方で、電気を使うぶん、もしも停電が起こった時は使用することができません。その点、薪ストーブは、薪さえあれば停電時でも暖をとったり、煮炊きも可能。自然災害が多い昨今、薪ストーブを選んでおくと、いざという時も安心です。

まとめ

薪ストーブやペレットストーブは、決して安い買い物ではありませんが、揺らめく炎に癒されながら暖かな空間で過ごす冬は、とても贅沢で癒しの時間になるはずです。自分の生活環境に合う方を選んで、火のある暮らしを楽しみましょう!

宮城で薪ストーブの提案が得意な会社

ジェイウッド

天然素材ならではの風合いや味わいを活かすため、無垢材や自然素材をふんだんに使用し、ナチュラルでシンプルな暮らしを追求している同社。薪ストーブのある住まいを数多く手掛けているため、知識はもちろん、設置場所やお手入れ方法等、薪ストーブ初心者の方でも分かり易く説明してくれる。

ジェイウッドについてはこちら

北洲ハウジング

長年の技術とノウハウをもとに、高性能かつ機能的で、長く愛着の持てる「本物」の素材をつかった理想の住まいをつくりあげている同社。自然素材をふんだんに取り入れた空間や、ぬくもり溢れる薪ストーブのある暮らしの提案を得意とし、心休まる癒しの住まいを実現してくれる。

北洲ハウジングについてはこちら

※上記で紹介したハウスメーカーは、参考一例となり、標準仕様ではない場合もございます。より詳しい情報を知りたい方は、建てる窓口までご相談ください。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約