ペニンシュラキッチンのメリット・デメリット

宮城県・アイムの家実例

対面式キッチンの中でも人気の高いペニンシュラキッチン。「アイランドキッチンとの違いは?」「聞いたことあるけどどんなカタチだっけ?」と言う方に、今回はペニンシュラキッチンとは何か、その特徴やメリットデメリットについてご紹介していきます。

ペニンシュラキッチンとは

宮城県・大東住宅実例

ペニンシュラキッチンの「ペニンシュラ」は「半島」という意味です。 写真のように、キッチン本体の左右どちらかが壁に接し、もう片方は半島のように突き出したレイアウトをしているのが特徴です。ペニンシュラキッチンと雰囲気が似ている「アイランドキッチン」がありますが、こちらはペニンシュラキッチンと違って壁に面していないので、完全独立したキッチンになります。

ペニンシュラキッチンのメリット

宮城県・大東住宅実例

コミュニケーションがとりやすい

ペニンシュラキッチンは対面になっているので、作業をしながらリビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションをとることができます。また、家族の気配を感じやすいことから、特に小さいお子さんが居る方は家事をしながらも安心して子どもを見守ることができます。

開放感がある

アイランドキッチンと同じように、ペニンシュラキッチンもさえぎる壁や棚などがないため、広がるのある開放的な雰囲気を味わうことができます。室内の一体感が生まれるので、LDK全体が広く感じられるのもメリットのひとつです。

アイランドキッチンよりも油汚れに強い

ペニンシュラキッチンは、キッチン本体の片方が壁に面しているため、周囲に壁がないアイランドキッチンに比べれば油はねを防ぐことができます。頻繁に揚げ物料理をする方や、汚れに敏感な方はペニンシュラキッチンの方がおすすめです。

設置スペースを選ばない

アイランドキッチンは、通路スペースを確保するため広めの面積が必要ですが、ペニンシュラキッチンは壁に沿って設置をするため、普通の対面キッチンと同等のスペースがあれば大丈夫!LDKのスペースが限られている中、アイランドキッチンに近い開放感を得ることができるのも大きな魅力のひとつです。

ペニンシュラキッチンのデメリット

煙やニオイがリビングに広がる

一体感のあるLDKを演出してくれるオープン型のキッチンになるため、煙やニオイが部屋に広がりやすくなります。高度な換気システムの導入やコンロ前にパーテーションを設置するなど、消臭対策をしっかりと計画をしておく必要があります。

手元が見えやすい

ペニンシュラキッチンは基本的にフラットな構造になっているので、リビングから手元がよく見えます。これは、ペニンシュラキッチンだけでなく、アイランドキッチンでも同じです。常にキレイな状態にしておかないと生活感溢れる印象になるため、こまめな掃除・整頓が必要になります。

収納スペースが少ない

開放感が失われてしまうため、ペニンシュラキッチンの上部には吊り戸棚を設置しないケースがほとんどです。収納力をアップさせたい方は、背面収納を充実させたり、カウンター下を活用したダイニング側から使える収納を設けて上手に収納スペースを確保すると良いでしょう。

こんな方が向いている!

  • LDKのスペースに限りがあるけど開放感あるキッチンを望まれている方
  • いつも綺麗な状態を保つことができる方
  • 家事をしながら家族とのコミュニケーションを楽しみたい方
  • アイランドキッチンに近い雰囲気で、油汚れにも気を遣いたい方

いかがでしたか?ペニンシュラキッチンにするか悩まれている方は、開放感やデザイン重視のアイランドキッチンと迷われる方が多いようです。ぜひ今回の記事を参考に、どちらが自分に合っているか検討してみてくださいね。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約