どっちを選ぶ?窓なし浴室のメリット・デメリット

最近では、トイレやお風呂に窓をつけるかつけないか迷っている方が増えているそうです。

そもそも「窓なし」という選択肢を考えていない方もぜひお役立ていただけるよう、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

浴室を窓なしにするときのメリット

外気の影響を受けにくい

特に冬場は窓があると熱が奪われやすく、浴室に入った時に寒く感じたり、浴室暖房をつけることで光熱費が余分にかかったりすることを防ぐことができます。ヒートショックなどの心配も減るのは嬉しいですね。

窓に映るシルエットを気にせずに済む

すりガラスやブラインドをつけても気になるのが外からの視線。窓をつける場合、外構や間取りによっては安心してお風呂に入れるようプライバシーを確保できるように十分配慮が必要になります。窓がなければ気にせずに入浴できるのはよりリラックスして過ごせる時間になるでしょう。

子どもの声が漏れにくい

経験のある方も多いかもしれませんが、浴室は声が反響しやすい場所のひとつ。窓があると余計に響きます。その点、漏れる場所が一つでも減れば、お子さんの声も近隣に聞こえにくくなり、バスタイムをみんなで楽しめます。

デメリット

照明なしには明るくならない

自然光での明るさを取り込むのはやはり窓の大きな役目と言えます。しかし、隣接するお宅との距離や方角によっては日の光が望めないというのであれば、思い切って窓を作らないという選択肢を考えてもいいでしょう。

換気・乾燥に電気代がかかる

窓があれば使用後に窓を開けて乾かしたり、換気をさっとすることもできますが、換気扇の力を借りないと、カビやすくなります。ただ、換気の機能だけでなく、浴室タイルそのものが乾きやすい素材のものも発売されているので、そのような商品を利用するのも一つの方法と言えます。

いかがでしたか?

これ以外にも、風水など家相が気になる方ですと、水回りの窓での換気は必須だという方も多い様です。ご自身の生活スタイルに合わせて、窓の設置を考えてみてくださいね!

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約