実例特集/ランドリールームのある家

料理やお掃除、洗濯…。毎日の家事を少しでもラクにしたいと考えている方は多いはずです。特に、手間や時間がかかりお天気にも左右されやすい洗濯は負担も大きく、新築時に「ランドリールーム」を検討する方が増えています。

今回は「ランドリールーム」の魅力に迫りながら、より活用する空間づくり、動線づくりのアイディアをご紹介します。

ランドリールームとは?

そもそも、ランドリールームって、どんな空間なのでしょうか。共働きで平日の昼間は家にいないという方はもちろん、子育て層からシニア層までニーズが高まっています。

洗濯にまつわる作業がひとつの空間で完結!

「ランドリールーム」とは、「洗う、干す、取り込む、畳む、しまう」という、洗濯にまつわる一連の作業を一か所でできる空間のことです。例えば濡れた洗濯物を持って2階まで移動するのは意外と大変なもの。ランドリールームがあれば、洗濯にかかる時間を短縮でき、家事負担を軽減できます。

花粉症やPM2.5など、外気リスク対策にも

家族に花粉症の方がいる場合は、洗濯物に付着する花粉が気になり、部屋干しを選択する家庭が増えています。また、大気汚染による健康被害を防ぐために、洗濯物は年間を通して室内に干したいと考える方も多くなり、家事がラクになるだけでなく、様々な観点からニーズが高まっています。

ランドリールームの設備例

  • 洗濯機(洗う)※洗濯機置場を確保
  • 室内物干し金具・竿(干す)
  • 換気設備(干す)※換気扇、部屋干しファン、除湿機があると生乾き防止に
  • カウンター(畳む、アイロン掛け)
  • 収納スペース(しまう)※洗剤入やリネン庫があると便利

ライフスタイル別!快適なランドリールームをつくろう

では、家のどこに、どんな広さのランドリールームを設けたらいいのでしょう。せっかく作るなら、最大限に活用できる家事空間をつくりたいですよね。

共働きで「時短」最優先の方はキッチン隣に

料理をしながら洗濯物を干すことができるため、キッチン隣にあると、家事がよりスムーズに。洗面脱衣室→サンルーム→キッチンという動線も大変便利です。書類整理などが出来るユーティリティを兼ねることもできますね。

外干し併用派は、バルコニーやテラスに直結させる

休日やお天気が良い日は外に干したいという方には、バルコニーやベランダ、テラスに隣接させて配置するのがおすすめ。臨機応変に部屋干し、外干しを選択することができます。バルコニーやテラスに庇を設けておけば急に雨が降ってきても安心です。

スペースが限られているなら、洗面脱衣所に併設

独立したランドリールームを設けられない場合は、洗面室を少し広めにして兼用に。2畳の洗面脱衣所を考えていたなら1畳ほど大きめに設ければ、室内物干し金具や部屋干しファンを設置できるでしょう。

子育てファミリーにおすすめ!ファミリークローゼット併設に

ランドリールーム内にタオルや家族分の下着などを入れるスペースがあると大変便利です。さらに、家族共有のファミリークローゼットや各部屋のクローゼットに行き来しやすい動線を確保すれば「しまう」作業が格段スムーズになります。

新米ママも安心!キッズルームが見える場所に

「干す」「たたむ」などの作業中にも子供の姿が見えると安心です。大きなデコマドなどを介して、キッズルームが見える場所にランドリールームを配置するとおしゃれな上に、とても便利です。

暮らしにぴったりのランドリールームを!

いかがでしたでしょうか?ランドリールームと一言でいっても、配置場所や動線次第で、使い勝手も変わり、この空間ひとつで、暮らしの快適さが格段にアップするといっても過言ではありません。ぜひライフスタイルや家族構成を考えて、最大限に活用できるランドリールームをめざしてみましょう。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約