住宅見学会の見所ポイント~構造編~

家を建てようといざ動き出したら、まずはモデルハウスや総合展示場の見学を考えると思いますが、ハウスメーカーや工務店の各種イベントにも足を運んでみてはいかがでしょうか?

依頼先を選ぶ際には、そのハウスメーカーや工務店が「どのような家づくりをしているか、家づくりをどう進めているか」など具体的な過程や完成形を知ることが大切です。そこでおすすめしたいイベントが「構造見学会」と「完成見学会」です。

今回は「構造見学会」とは何か、見学の際のポイントをご紹介します。

構造見学会はなぜおすすめ?

完成後は隠れてしまう部分が見られる

構造見学会は、住宅の基礎知識を学ぶと共に、構造や建築工法の特徴、それらのメリット・デメリットを知るいい機会となります。

内装工事の前に、建築中の家を見学できるということは、完成後では隠れて見えないような範囲まで、じっくり見学することができます。例えば、こんな部分…。

  • 家の土台となる基礎の部分
  • 家を支える柱の太さ
  • 屋根を支える梁の部分
  • 柱の連結となる桁や耐震性を高める筋交いの部材など建築物の骨組み

これらは、完成してからでは、ほぼ見ることができませんよね。

現場の方にじっくり話を聞けて、納得できる

また、大工さんなど、建築にかかわっている現場の人達の話を聞くこともできます。家がどのように建てられるかを学び、安心安全を確認できることは、一生に一度といわれる大きな買い物をする上で大変重要になります。

構造見学会のポイント

では、実際に足を運ぶ際に気を付ける点をご紹介します。ちょっとした事前準備と見所ポイントを把握しておくことで、より有意義な見学会となるはずです。

事前準備:質問したいことをまとめておこう!

建築工法や構造は工務店ごとに異なります。初めて構造見学会に行く前に、工務店のホームページを見て、その会社の建築工法や構造について、少し情報を知っておき、より知りたい情報を質問事項としてまとめておくと、と現場で話を聞いた際に理解が深まります。

様々な「対策」について確認を

  • 【断熱性】壁、ゆか、屋根の断熱材や断熱方法
  • 【耐震性】耐震対策はどのようなものを採用しているか
  • 【資材】建築に使用される柱や床材の太さも厚み、国産か輸入品か
  • 【連結金具】柱と柱をつなぐ連結金具。その種類や特徴も重要です
  • 【音漏れ】隣近所への音漏れや、2階からの1階への床音など、音漏れ対策がされているか

完成後、隠れてしまう部分が多いため、ぜひこの段階でしっかり見ておきましょう

構造見学会の家は「標準仕様」か、質問を

実際に見に行った現場で、耐震強化対策に柱の連結金具を用いたり、断熱材を強化していても、すべてが標準仕様とは限りません。標準仕様からグレードアップして特別仕様にしている可能性も多いため「標準仕様」かどうか、質問しておくといいでしょう。

大工さんの対応は?

家の構造は安心快適な暮らしを支える最も大切な部分。家の骨組みを作っていただける大工さんとたくさん会話をしてみましょう。大工さんの些細な気配りや気遣いなどが家づくりに生かされていることが多いです。

丁寧な仕事をしている?

床下や資材置き場からも「丁寧な仕事」をしているかを確認できます。 床下にタバコの吸い殻や木くずが放置されていないか、資材置き場が整理整頓されているか、ご近所への安全配慮は…?工務店の対応を完成現場からは見れない部分から工務店の対応を確認できます。

いざ、見学会へ!

いかがでしたでしょうか?理想の家づくりを叶えてくれる建築会社かどうか、しっかり吟味するための重要なポイントがぎっしりつまった構造見学会。ぜひ気になったハウスメーカーや工務店の構造見学会を見つけたら、少しだけ準備をして足を運んでみましょう。

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約