住まいのリフォーム費用(水回り編)

将来を見据えて、使いやすい浴室やトイレに買い換えるご家庭もいらっしゃいます。そもそもリフォームってどのくらい費用がかかるの?「思っていたより高かった」とならない為にも、水回りにかかる相場を学び、無理のない予算でリフォーム計画をしていきましょう。

リフォーム費用の相場は?

リフォーム箇所別にその相場と、特徴や検討ポイントを見ていきましょう。

トイレ

リフォーム相場:20万〜50万円

事例の価格幅が大きいのがトイレリフォーム。便器本体をタンクレストイレにしたり、壁面にエコカラット、珪藻土を使うことで数万円アップするケースが多いようです。また、床材の張り替えは、便器をはずす大掛かりな工事が発生する場合もあるので、新築の際には汚れにくい床材を採用しておくのも選択肢の一つです。

キッチン

リフォーム相場:50万〜150万円

システムキッチンの全体工事となると費用は上がってきます。壁付けタイプのI型やL型からペニンシュラ方やアイランド型にする場合は100万円程度かかるケースが多いそうです。逆に言えばキッチンタイプを変えなければ内装リフォームの面積が減るので、コストを抑えることができます。

風呂、浴室

リフォーム相場: 50万〜150万円

断熱工事やシロアリ対策を一緒に行う場合や浴室の移動・拡張・増設なので給排水・ガス工事も必要になる時などは費用が高額になるケースがあります。

洗面所

リフォーム相場:20万〜50万円

洗面の交換のみであれば、10万以下にすることも可能ですが、壁紙や床など内装を含めると20万円以上かかる場合も。湿気で床の下地が痛んでいる場合別途工事が必要となるケースがあるので、初回施工時に床面の素材選びに注意しましょう。

費用を抑えるにはどうすればいい?

ミニチュアの男女とお金

設備やグレードを落とすことで、費用をぐんと抑えることができます。リフォーム会社におすすめされた設備って本当に必要なのか?自分のライフスタイルに合ったものなのか?時間を置いて一度考えてみるのもいいでしょう。また、リフォーム内容によっては国や自治体から補助金を受けられることも。着工前に確認してみましょう。

いかがでしたか?

変更する設備や面積によってもコストが大きく異なるリフォーム。目先の費用だけでなくどのくらい家に住み続けるかも考えながら、検討するのが良いでしょう。また、リフォーム会社の見積もりは一社だけではなく最低でも3社は比較し、営業さんとの相性も見ながらベストな会社をみつけてくださいね。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約