建築コストを左右する要因は?

注文住宅で家を建てたいと考えた時に、家づくりで全て希望通りにいくらでもお金がかけられるというわけではありません。そこで予算に収まるようコストを抑えるために、どんな点を気をつければいいのか、ポイントをお伝えしていきます。

コストのめりはりを考える

抑えるポイントをチェック!

家づくりで予算内に収めるにはコストをかけるところとコストを抑えるところのバランスをとることがとても大切になります。それが行えることで予算内で理想の家に近づくわけです。

希望の家とコストをかける優先度を見ていくことであなたに合った家がデザインされてきます。

家の大きさ、形

基本ですが、家の大きさと形は最終的なかかる費用に大きく関わってきます。家が大きくなれば施工面積も増え、材料費や部材などを調達するコストが上がるのはもちろんのこと、工事の施工期間が長くなることも要因の1つとなります。

ポイントとしては、同じ施工面積であっても凹凸の少ない形にすること。というのも外観がデコボコな形だと、外壁の面積が増えたり、施工の手間も増えるためです。理想は総二階建てです。真上から見ると長方形に近いほど施工がシンプルになります。

土地の価格

注文住宅を検討する場合こだわりの家の価格が高くなると思われがちですが実は嫁の科学と言うのは家づくりにおいて最もお金のかかる場所で、一般的にはその費用のうちの6割から7割を占めていると言われています。

そのため自分の希望する家をコストを抑えて建てたいのであれば、街中から離れたり家から離れたりと立地条件を少し変えることをお勧めします。これにより百万単位で変わってくることもあります。自分や家族の通勤・通学などを含めた生活の利便性とのバランスになると思いますが、最も検討した方が良い条件でもあります。

ポイントとしては、定期的に最新の土地情報を仕入れ、自分の予算に見合った土地を見逃さないようにしましょう。ケースによりますが、希望するエリアの新しい土地情報が不動産会社に入ったら教えてもらえるよう相談してみるのも一案でしょう。

間取り

間取りにおいて部屋の数が多かったり複雑な形だったりすると、材料が増えコストが上がっていきます。とはいえ、子供ができればそれぞれに部屋も用意してあげたいと考える親御さんも多いでしょう。

ポイントとしては、現状必要な部屋数に抑え、必要になったタイミングで間取りを増やすリフォームをするという選択肢も考えてみることです。最近では、二つの部屋になる予定の部分に敢えて壁を作らないという間取りの設計も人気です。他にも、細かいことですが、クローゼットのドアを止める、ウォークスルーにするなど、自分にとっていらないことを出していくと、数十万の節約になってきます。

ただ、間取りを考える際、気をつけなければならないことは、生活導線は潰さないという点です。必要なものまでなくしてしまうと、ずっと不便なままの生活で本末転倒になります。

住宅部材のグレード

家の体躯以外は住宅部材と呼ばれます。外壁、窓、床、壁紙、キッチン、風呂、トイレ、洗面などの水回りなどが含まれます。これらの部分と言うのは意外と費用がかかる箇所になります。というのも、それぞれに各社グレードを設けており、その選択によって費用も大きく異なってきます。

見えやすいところなので、使用を決める時にもつい1つ上のグレードと言うふうになりがちです。最初の見積りから最終見積りの金額が数百万円上がってしまうケースがありますが、この住宅部材のグレードを上げていることによるものがほとんどです。

抑えるポイントとしては、最初の見積りでどのグレードの部材を使用する予定かを確認してみましょう。

費用を惜しまないポイント

一方で、おさえてはいけない部分もあります。見えない部分ではありますが、体躯や、基礎、地盤補強等の部分です。安全あっての暮らしですので、外観や内装にお金をかけたい気持ちはわかりますが、家の基礎となる部分上のコストは別と考えましょう。

いかがでしたか?

家を建てる際に事前に知っておきたい、コストのかかっている箇所とそのおさえ方のコツをお伝えしてきました。ぜひあなたの暮らしにフィットした家づくりができるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約