賃貸併用住宅のメリットデメリット

賃貸併用住宅の話を聞いたことがありますか?少子化や核家族化が進み、自宅用のスペースはさほど広くなくてもいいという人が敷地を有効活用したいということで、最近注目を集めているものです。今日はその特徴とメリットデメリットをご紹介していきます。

賃貸併用住宅って?

賃貸併用住宅とは、建物の中に自分の住まいと賃貸スペースがある住宅を指します。賃貸部分はアパートやマンションだけでなく店や事務所も含みます。一階部分をテナントにして2階を自宅用にする、一棟の東西で居住用賃貸をと分ける、それらを複合した形にするなど建て方は様々です。

メリット

家賃収入を住宅ローンに充当

賃貸部分での収入がすぐ見込めるのであれば、家賃収入を自身の住宅ローンの返済に充てることができ、返済の負担軽減につながります。

自分年金になる

住宅ローンの返済が完了すれば、家賃収入は税金等を差し引いた後の部分は、自分の懐に入ってくるようになります。入居が続けば、賃貸収入が継続的に得られるので、安定して老後まで収入が得られます。

住宅ローンを利用できローン控除もできる

★ペーパークラフトは自分で制作したものです。★この他にもシリーズ素材があります。検索ワード「フォトクラフト」で検索できます。https://creator.pixta.jp/@zips/illustrations

居住部分を半分以上にすれば、アパートローンより金利の低いケースの多い住宅ローンを組むことができます。また、確定申告で住宅ローン控除も利用することができ節税対策にもなります。

デメリットはある?

ローンの借入額が上がる

自宅+賃貸部分となるので、自宅のみに比べて建築費用は上がります。それによりローンで借りる金額も増えます。入居率が低かったり、家賃を下げたりすると、ローンが家計を圧迫する原因にもなります。毎月の返済金額がどのくらいになるのか、きちんと把握して検討する必要があります。

売却のしにくさ

仮に売却することになった場合、一般的な住宅より売却は難しいでしょう。なぜなら賃貸併用住宅は収益物件として見られるため、収益還元法という方法で価値が見られます。土地相場での考え方は通じないため、いかに空室率が低いか、高い価格で貸せるかが肝になります。そのため、自分の想定より売却価格を下げないと売れない可能性もあります。

同じ建物に入居する煩わしさ

家主であるあなたと入居者が同じ建物に出入りするので、顔を合わせる機会が自ずと増えます。入居者からすると、オーナーがすぐそばに住んでいるので、クレームや要望を直接言われるケースも出てくるかもしれません。管理会社を置くことできちんと対応する方が良いでしょう。

いかがでしたか?

デメリットを上手くカバーできれば資産とさしてのメリットの大きい賃貸併用住宅です。長期的に入居者が入るエリアなのかということや、建物面積や容積率、建てる際の制限を折り込んだ上で、投資した分の回収が可能かどうかを試算することはとても大切です。条件に当てはまるようであれば将来のゆとりにつながる一案として考えてみてはいかがでしょうか?

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約