スムストックとは?

スムストックという言葉を耳にしたことはありますか?宮城県仙台市でも一般的になりつつありますが、わかりやすく一言でいえば、「きちんと手入れした家を売り、買う」仕組みのこと。今回は、スムストックについてわかりやすく解説していきます。

スムストックって?

大手ハウスメーカー10 社が協力して優良ストック住宅推進協議会を設立しました。そこで共通の基準を作り、長期わたって住み継ぐ仕組みのある既存住宅を「スムストック」という言葉で統一しています。

画像引用元:スムストックHP「スムストックとは?」

認定条件

これから挙げる原則を満たし、共通の手法を用いることで、住宅の価値を認定します。

3つの原則

  • 修繕等の履歴データベースを保有する住宅であること
  • 建築後50年以上のメンテナンス・点検プログラムがあること
  • 「新耐震基準」レベルの耐震性を持っていること

3つの手法

  • 査定から販売まで特定の住宅販売士が行う
  • 過去のメンテナンス履歴やリフォームを勘案した独自の査定方式を取り入れている
  • 建物と土地価格をそれぞれ算出し購入者に適正な建物価値を提示する

スムストックのメリット

物件の売却時に、構造部分と内装・設備部分との耐用年数をきちんと分けて資産価値を査定してくれるこのシステムは、納得のいく売却価格として提示してもらいやすいメリットもあります。また、中古物件の購入者が心配するのは、不具合があるかどうか。スムストックに共同する大手10社のハウスメーカーの構造体躯はいずれも丈夫である上、定期的なメンテナンスを行われてきているので安心して売却することができます。

住宅瑕疵担保責任保証も付保

スムストック住宅販売士によって既存住宅の査定や住宅評価が行われますが、万が一、建物の不具合が後から見つかっても、住宅保証機構の「住宅瑕疵担保責任保険」をつけておくことができます。売却する人が負担することもなく、買手も安心して購入することができます。

参画するハウスメーカー一覧

  • へーベルハウス
  • 住友林業
  • セキスイハイム
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス
  • トヨタホーム
  • パナソニックホームズ
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム
  • ヤマダホームズ

いかがでしたか?

海外に比べると比較的短期間で取り壊しされることが多いといわれる日本の住宅。ですが、きちんとした構造体躯のもとに正しいメンテナンスを行えば価値も維持し住み続けることも可能です。ぜひ売却や購入を検討される際は確認してみてくださいね!

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。 「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。 詳しくはこちら
家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約