「屋根の素材」メリット・デメリット

外観は「住まいの顔」といわれます。外観デザインに加え、外壁、玄関ドア、屋根の形はもちろん「屋根の素材」でも印象は大きく変わります。屋根の素材の選ぶ際は、デザイン性だけでなく、耐久性やメンテナンスなどの機能性についてもメリット・デメリットを知っておくと役立ちますよ!

屋根材には沢山の種類がありますが、日本で使用される主要な素材について、価格・デザイン・耐久力・メンテナンスの観点でメリット・デメリットをご紹介します。

日本瓦

日本瓦とは、粘土をある一定の形に焼き固めたもので、屋根葺き(かやぶき)に用いられている建材の中でも代表的なもの。主に日本家屋で使用されています。

日本瓦のメリット

・耐久性が優れており長持ちする
・コストパフォーマンスが高い
・不燃材料であるため、遮音性や断熱性にも優れてい

日本瓦のデメリット

  • 耐震性の低い建物では地震の瓦が崩れることも…
  • 日本瓦を扱える職人が少ないため、メンテナンスなど工事をする際には高額になる可能性もある

セメント瓦

セメントでできた瓦の形をした屋根材のことです。セメントと川砂を重量比で1:2~1:3で混ぜたモルタルを型に入れて成形し、塗装したもので、以前は多くの住宅で使用されていました。

セメント瓦のメリット

  • 耐久性が高く、耐用年数は約30年以上といわれている
  • バリエーション豊富な形とカラー。フラット、和風、洋風などの形があります。
  • 施工しやすい
  • 日本瓦より安価

セメント瓦のデメリット

  • 比較的衝撃に弱く、割れやすい
  • 防水性を高めるには塗装が必要

スレート

日本で一番主流の屋根材です。粘板岩を板状に加工した薄くて軽い屋根材です。主にセメントで作られた化粧スレートと、天然石で作られた天然スレートがあり、化粧スレートが一般的です。

スレートのメリット

  • 形・カラー・模様のバリエーションが豊富
  • デザインの自由度が高い
  • 軽くて耐震性も高い
  • 施工しやすくどの業者でも工事ができる
  • 化粧スレートなら、他の屋根材に比べて安価

スレートのデメリット

  • 割れやすく耐久性が低め
  • 雨風に弱く隙間から雨水が入りやすい
  • カビやコケも生えやすく、定期的なメンテナンスが必要
  • 天然スレートは高価なものも

トタン

トタン薄い鋼板に亜鉛をメッキした屋根板材のこと。住宅だけでなく倉庫や工場などでも使用されています。

トタンのメリット

  • 軽量で最も安価で工期も短く済む
  • 塗装で好きなカラーに変更することができる
  • 耐震性が高い
  • 屋根の継ぎ目が少なく雨漏りしにくい

トタンのデメリット

  • 耐久性・断熱性・遮音性が低い
  • 経年劣化でメッキが剥がれるとサビが出てくる
  • 10年に一度は塗装が必要
  • 雨音がうるさい
  • 職人さんの技術力が求められる

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板です。トタンやメッキに比べ約4倍の防錆性があります。

ガルバリウム鋼板のメリット

  • 金属なのに錆びにくい
  • 金属なのに軽い(日本瓦の約1/6の軽さ)
  • 雨音が響きにくい
  • 独特な模様やカラーを選ぶことができ、デザイン性も高い
  • 耐久性・耐震性も高く、メンテナンスの手間も抑えられる

ガルバリウム鋼板のデメリット

  • 断熱性・遮音性があまり高くない
  • 施工の難易度が高く、施工費用は高めに

特徴を知って最適な選択を!

屋根の素材にはそれぞれメリット・デメリットがあります。各屋根素材の特徴を理解した上で、外観デザインにも考慮しながら素材選びをしてみましょう!

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約