建てた後の保証は?

一生涯のうち住宅の購入ほど大きな買い物はまずないでしょう。その大きな買い物が購入後に不具合があった・・・なんてことになったら心配ですよね。そのため、法律で守られている保証と、各施工会社などのメーカー保証があります。どんな違いがあるのか、見ていきましょう。

法律で守られている保証

品確法(住宅品質確保促進法)とは?

これは、新築住宅の請負契約をしたとき、引き渡しから10年間、ハウスメーカーや工務店などの住宅施工会社が瑕疵担保責任を負う義務があるというものです。

ただ適応範囲は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」に限られます。ですので、基礎や柱などの構造体力上の部分か、外壁や窓、屋根などの雨水の侵入にかかわる部分という家の基本ではあるものの、限られた箇所が対象となります。

住宅瑕疵担保履行法とは?

住宅事業者(施工会社等)に対して「保険への加入」、または「保証金の供託」をすることで、瑕疵から住宅購入者を保護する法律です。一般的にこの保険は住宅事業者が加入し、保険金額の請求・受取りも住宅事業者が行います。建築中に瑕疵保険の設計施工基準に当てはまるかどうか、建築士によるチェックが行われた上で入ることができます。もし住宅の瑕疵を見つけたら、住宅購入者から住宅事業者(施工会社など)に補修を請求することで、無償で補修を受けられる流れとなります。

万が一、施工会社等が倒産して補修などが行えない場合でも、住宅購入者がJIOなど保険法人に直接請求することで瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。

メーカー独自の保証

それに対して、メーカー保証とは建物を建てた後のアフターサービスの一環です。建物の構造や設備・仕様の保守点検や修繕等の便宜をサービスをしているところも多く、保証期間中なら無料で修理してくれます。

例えば、3カ月点検でサッシ・建具の調整、1~2年点検や5年点検で基礎・外壁吹き付け・防水シートの点検や玄関ドア・サッシ・室内建具の点検、給排水の漏れ点検等、10年以降の点検で基礎コンクリート・外壁・屋根・ベランダの点検などを行っている会社も。

期間コンスタントに点検・メンテナンスを行うことで、小さな不具合の内に
修繕をすることもできるので、家を建てる会社選びの際にも見てみるといいでしょう。

いかがでしたか?

国で守られた法律と、各社のサービスの違いはいかがでしたか?自分の家に長く、安全に暮らしていくためにも建てる前に建築後のメンテナンスにも目を向けておくのがおすすめです。

また、住宅購入者が住宅瑕疵担保責任保険の存在を知らない場合でも、住宅事業者に補償を求めれば無償で修理を受けることができますが、知らずに自分で修理してしまったなどということのないように、保険法人や保険制度の概要などについては知っておきましょう。

家づくりの相談をする