スマートロックってどんなもの?

最近スマートロックという言葉を耳にしませんか?鍵と錠をデータ通信を使って開閉できるシステムを指します。スマホやインターネットを経由してハンズフリーでも解除や遠隔操作ができるようになっている便利な機器です。今日はスマートロックで出来ることや気をつけること、機器の選び方をお伝えします。

スマートロックで出来ること

機器の取付とアプリで簡単

スマートロックのシステムは一般に買うことができますので、新築のお宅はもちろん、既存の家は賃貸でも使うことができます。

アプリから鍵の施錠・解錠が可能

アプリをダウンロードすればその操作だけで遠隔からも開閉可能です。スマホが鍵代わりになるので荷物が減らせるのもポイントですね。

ハンズフリーで解錠できるタイプも

鍵となるものとドアが近づくだけで解錠するタイプもあり、わざわざ鍵を探したり、ドアに触れる必要がありません。感染予防のためにあまり手を触れたくなかったり、荷物が多い時など便利ですね。

遠隔でも施錠・解錠できる

日時を指定したり階数を制限して使うこともできます。夜、お年寄りの状況が不安といったことにも役立ちそうです。

鍵の施錠・解錠履歴がわかる

特にお子さんが留守番をしていたり、先に帰宅していたりという状況を外からでも簡単に確認できるので安心できますね。

オートロックで閉め忘れ防止

家を出た後、鍵を閉めたかどうか心配になる経験は皆さん一度はあるはず。そんな心配もオートロック式のスマートロックなら自動で閉めてくれるので助かります。

利用の際に気をつけること

電池・充電切れ

ほとんどのスマートロックは電池式なので、電池切れのリスクがあったり、電池交換に手間がかかります。また、スマホの充電も切れてしまうと閉め出されてしまうので注意が必要です。

ランニングコストがかかるケースも

タイプにもよりますが、月々の費用が発生するものもあります。機能によって値段が変わってくるので、自分の使い方に一番合うタイプを考えてから設置しましょう。

キーを忘れると締め出される

オートロックの悪い部分ですが、キーを持たずに外へ出ると締め出されてしまいます。スマホやマルチデバイスを持たないで外出する機会がある方はオートロック機能をオフにしましょう。

選び方を考えよう

機器を選ぶ際のポイントを施錠タイプと設置方法の2点で紹介します。

施錠タイプで選ぶ

ハンズフリータイプ

鍵となるものを取り出さずにドアに近づくだけで解錠するタイプ

アプリタイプ

スマホのアプリをタップすることで鍵が開くタイプ

マルチデバイスタイプ

スマホだけでなく、カードキーやフィーチャーフォンなどがキーの代わりとなって開閉できるタイプ

設置方法から選ぶ

既存の鍵を覆う方法

サムターンを覆うように取り付ける方法。対応している錠前が多く、工具いらずで簡単に取り付けられます。強力な両面テープを使っているので、賃貸物件でもおすすめです。

既存の鍵を取り替える方法

費用はかかりますが、サムターンを覆う方法よりスッキリした見た目になります。

その他機能も見てみる

例えば家電設備をApple Homekitでそろえていれば、その一部として「でかける設定」等、鍵を含めて一度に操作できるタイプもありますし、時計内臓型ですと、決まった時間に解錠施錠してくれる機種もあります。暗証番号型もありますし、アプリに錠の電池残量を知らせてくれると電池切れの心配もなく助かりますね。

既存のサムターン部分に付属の両面テープで張り付けるタイプ

着目ポイントは人それぞれ

アプリでの鍵の開閉だけでなく色々な便利な機能も付いているスマートロック。最近では種類も増えて価格も下がってきているようです。万が一のことも考えサポートが日本でされているタイプを選びながら、ご自身のライフスタイルに合わせて検討してみてくださいね。

もっと詳しく知りたい
お問合せ/来店予約