建築家直伝!「趣味を楽しむ家」

「好きなコト」を極める家づくり

アウトドア、バイクや車、プラモデル、ゲーム、読書…どんな趣味をお持ちですか?思いっきり好きなことができる空間がマイホームにあったら…何だかワクワクしますよね。今回のテーマは「趣味を楽しむ」ための、間取り活用術。今回は、理想を叶えた実例や上手な相談の仕方など、(株)杜設計代表・一級建築士の山本浩平さんが教えてくれました。

「やりたいこと」を諦めない!

これまで個性的な趣味空間があるお住まいを手掛けてきましたが、実は最初からお施主さん自身が具体的に要望を固めてスタートするケースは少数です。様々な趣味があっても、遠慮して言わなかったり、最初から無理かなと諦めている方も多いんです。

「個性派住宅」を叶えるポイント

  • 趣味や嗜好について、何でも話してみる
  • 新しい家でやりたいことをワクワクしながら考えてみる
  • 些細なことでも、好きなこと、やりたいことを遠慮せずに伝えてみる

建築家の使命は、打ち合わせの中からちょっとしたワードを聞き逃さず、そこから踏み込んで聞き取りして、理想を具現化すること。実現できるかどうかは、相談してみないとわからないものです。

【実例1】些細な会話から実現。大人の個性派住宅

おしゃれで多趣味なご夫婦の実例です。本格的な日光東照宮「鳴き龍」を天井に施した和室があるのですが、こちらも「龍柄のクロスってないかな…」といったちょっとした会話から実現したものです。

大胆な鳴き龍のある和室。趣味の道具をショップのようにディスプレイできる棚や有孔ボードも魅力

趣味空間を広く確保するだけでなく、お洋服が多いとのことで、ウォークインクローゼットも通常より大きくご提案しました。サイズ感がちょうどよく、使い勝手がいいとのことで喜ばれました。

【実例2】田舎暮らしをゆったり楽しむ家

自宅とは別の場所に合った畑の敷地内に、将来永住することを見据えた「別荘」の実例です。玄関を開けると、すぐに土間を介して大きなリビングが広がる大胆なプランで、野菜の仕分けを土間で行ったり、作業中も外部から出入りができるトイレも大変便利とのことです。疲れて帰宅したら玄関を入ってすぐにゴロンと休んだり、趣味の畑仕事がより楽しめているようです。

時には親戚が集まることも。大人数が集まっても余裕がある広さで、親戚のみなさんにとっても憩いの家に

大切なのは「たくさん会話をすること」

どちらのお宅も会話の中からヒントを得て形にしていきました。ぜひ営業さんや設計士さんとたくさん会話をして、自分らしい空間づくりのヒントを引き出してもらいましょう。

おわりに

―――山本さん、ありがとうございました。デザイン性と共に、使い勝手やライフスタイルをしっかり考えることが大切ですね。理想のマイホームを叶えるために、ぜひ「遠慮せず」相談をしてみましょう。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約