便利でおしゃれなロフト階段

狭い空間を活かしたいから、リビングや子供部屋に「ロフトをつけよう」と考える方は多いでしょう。隠れ家みたいで、上り下りも楽しくて…ちょっと憧れるロフトですが、実際に新築で付けてみて「やっぱり固定階段にすればよかった」という声も意外と多いものです。今回はロフトを上手に活用するための、ロフト階段の実例をご紹介します。

階段は「固定階段」が使いやすい?

ロフトと聞くと、梯子タイプの階段を想像する方も多いと思いますが、予め造作する「固定階段」を選択する方も増えています。

子供部屋などのロフトでは、このような梯子タイプが多いですね。コンパクトで、不要な時は壁に立てかけておけるので、空間を有効に活用したい方には使いやすいタイプです。しかし、荷物を持っての上り下りは不向きです。

固定階段のメリットは?

  • 荷物を持って上り下りがしやすい
  • 朝寝ぼけている時も安心感がある
  • 小さな子供の上り下りも安心

もちろん、スペースが必要なので固定階段を断念するケースもありますが、おしゃれなデザインや空間を圧迫しないスケルトン階段、収納兼用などと工夫してみてはいかがでしょうか?

【実例】おしゃれなロフト階段

空間に馴染む固定階段でインテリアの一部に

階段下も活用した子供部屋ロフトの固定階段。空間と一体化した、まるでインテリアの一部のような素敵な階段です。しっかりとした造りと傾斜もちょうどよく、小さな子供の上り下りも安心です。(セルコホーム実例)

空間を圧迫しないスケルトンタイプ

光と風を通してくれるスケルトンタイプなら、固定階段でも圧迫感がなく、家具の一部のようになりますね。階段下も活用できるため、コンパクトな空間でも採用しやすいでしょう。荷物を持って上り下りもできるため、寝室やリビングに設けるロフトにもおすすめです。

収納としても活躍する一石二鳥の階段

階段下を収納部として活用した造作の固定階段なら、スペースも有効に活用しながら、上り下りも安心です。別途収納を設けられない子供部屋にもおすすめのロフト階段です。手摺も付けることで、安心感がアップ。寝起きに階段を降りる際にも固定階段なら安心ですね。

梯子タイプでも、高すぎないロフトなら安心!

高すぎないスキップロフトなら、梯子タイプでも安心です。梯子も空間の雰囲気に馴染むカラーや材質を選ぶと、よりおしゃれに、かわいらしく仕上がります。5段くらいの梯子なら、見ていても安心です。幼児さんでもアスレチック感覚で楽しく上り下りできます。(セルコホーム実例)

いかがでしたか?

せっかくロフトをつくったのに、「上り下りが面倒で結局使えていない」…では大変勿体ないですよね。ロフト活用のカギのひとつは、階段にもあります。ぜひ、階段にもうひと工夫をして「活用できるロフト」をめざしてみましょう!

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約