アイランドキッチンのメリットデメリット

おしゃれで開放的なLDKを演出してくれるアイランドキッチン。デザイン性が高いので憧れる方も多いのではないでしょうか。今回はそんなアイランドキッチンのメリットデメリットについて詳しくご紹介していきます。

アイランドキッチンとは

「アイランドキッチン」はキッチンレイアウトの一つ。壁面から離して 「アイランド= 島」 のように独立させたキッチンのことを指します。キッチンの両サイドから出入りができるため作業がしやすく、複数人でキッチンを囲って調理をすることができるのも特徴的です。

アイランドキッチンのメリット

デザイン性が高い

各住宅設備メーカーも、アイランドキッチンは特にデザイン性を重視しており、意匠性のあるキッチンを販売しています。自慢したくなるような美しい佇まいは、魅せるキッチンとしてLDKの主役になること間違いなしです。

開放感がある

吊戸棚や壁面で視線を遮ることもないので、キッチンレイアウトの中でも最も開放感が得られます。閉鎖的な雰囲気がないアイランドキッチンは、伸びやかな空間を演出し、広い視野の中で料理を楽しむことができます。

複数人で作業がしやすい

四方全てから配膳や作業をすることが可能なのもアイランドキッチンの強みです。広いスペースが確保されているので、お子さんと一緒にキッチンに立ってお料理やお菓子をつくる機会が多いご家庭におすすめです。

コミュニケーションが取りやすい

オープンタイプのアイランドキッチンは、リビングにいる家族と会話をしながら家事をすることができます。コミュニケーションが取りやすいため、家族間の会話も自然と増えそうですね。

アイランドキッチンのデメリット

収納スペースが少なくなる

アイランドキッチンは壁を利用した収納をつくることができないため、収納スペースも限られてきます。収納力をよりアップさせたい方は、背面収納を充実させることでデメリットも解消するでしょう。

生活感が出やすい

デザイン性が高く開放感がメリットな反面、常にキレイにしておかないと散らかった印象を持たれてしまいます。キッチンの生活感はLDKのインテリアにも影響を及ぼしてしまうので、日頃から汚れなども気をつけておく必要があります。

毎日完璧には無理!と言う方には、手元が隠れるカウンターに立ち上がりを付けるのがおすすめです。リビングからは見えないので生活感を出さずにスッキリとした印象を保つことができます。

広いスペースを要する

キッチン周りを通路として確保する必要があるため、壁付けキッチンやペニンシュラキッチンより広いスペースを確保しなくてはいけません。アイランドキッチンを優先した結果、リビングが狭くなってしまわないよう、しっかりと部屋全体の空間づくりを意識することが大切です。

汚れやニオイが広がりやすい

キッチン周りに壁がないということは、煙やニオイも部屋全体に拡散されやすくなります。とくに、IHクッキングヒーターの場合は、上昇気流が弱いため換気扇を回しても完全には吸い取ってくれません。

しかし、高度な換気システムをきちんと導入すればデメリットも軽減することができるので、しっかりと換気計画を行うよう心掛けましょう。

こんな方が向いている!

  • 収納や片付けが得意な方
  • いつも綺麗な状態を保つ自信がある方
  • お子さんや夫婦など複数人で料理を楽しみたい方
  • 住まいのデザインにこだわりがある方
  • 家事をしながら家族とのコミュニケーションを楽しみたい方

デザイン性の高さが魅力的なアイランドキッチン。デメリットについては、 しっかりと対策をすれば解決することも可能です。ぜひ自分の理想に合ったキッチンを手に入れてくださいね。

宮城県での家づくりの相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約