後悔しないコンセントの設置場所

新築を建ててから「失敗した~」という声をよく聞くのが、コンセントの設置場所ではないでしょうか?住んでから気付くことも多い、「ここにあれば便利だったな…」という声。

後悔のない家づくりをするためにも、コンセント計画のポイントや、おすすめの設置場所などをまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね。

後悔あるあるを回避!コンセント計画のコツをご紹介

キッチン

電子レンジ・炊飯器・トースターと毎日使う家電製品+2個くらいコンセントがあれば足りるかな?と、なんとなく決めてしまうと後々後悔してしまうかも!?

これから先、自宅でも美味しいコーヒーが飲みたい!とコーヒーメーカーを購入したり、出産を機に便利なウォーターサーバーが欲しくなることも今後あるかもしれません。

家電製品を多く使用するキッチンには、あらかじめ使う位置やワット数も考慮しながら先を見据えたコンセントを確保しておくと安心ですね。写真のように収納の中にコンセントを設置すれば、よりスマートな空間に仕上がるのでおすすめです。

ダイニング

ホットプレートや卓上IHコンロを使った料理をするたびに、近くにコンセントつけておけばよかった…と後悔している方も多いようです。延長コードを使用すれば問題ないですが、足元の邪魔になったり、小さいお子さんが足を引っかけて転倒する恐れもあってっちょっと危険…。

フロアコンセントを設置すれば、食事以外にもパソコンなどの作業をしたいときにも活躍するのでひとつ設置してみるのもおすすめです。

スタディーコーナー

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン教育の需要が高まり、実施に備えて学校から端末が支給されているところも少なくありません。

家庭で充電する機会も増えていることから、これから新築を考えている方は、こうした端末を充電するコンセントも計画しておくと安心ですね。

ソファーの近く

くつろぎスペースであるソファーの近くにコンセントを設置しておけば、スマホやタブレットを充電しながら操作ができるのでおすすめです。 いつもソファーでくつろぎながらスマホを触っている方! ぜひ近くにコンセントを取り入れましょう!

ベッドの脇

ベッド脇のコンセントもとても重宝するのでおすすです。スマホの充電や手元を照らす照明にも大活躍!設置をする場合は、ベッドの位置確認はとても重要です。少し離れた位置にコンセントをつけてしまうと、コードの長さが足りなくて結局延長コードが必要になってしまうので、よく確認をしてから計画をしましょう。

これも忘れずに!〇〇の設置場所

季節モノ家電

たまに使う加湿器や除湿器、あらかじめ使用する場所を想定しておくとコンセントが足りない!ということも回避できます。クリスマスツリーを飾る方は、イルミネーションで使用するコンセントも必要ですよね。一年を通してご家族の暮らしをイメージしながら、コンセントを確保しておくことをおすすめします。

お掃除家電

コードレス掃除機やお掃除ロボットを活用するご家庭は、これらを充電するスペースとコンセントが必要になります。クローゼットや収納の中にコンセントを設けたり、お掃除ロボットなら、階段下のスペースをホームベースに設定するなど、あまり生活空間から目につきにくい場所に計画するといいですね。

まとめ

家族のライフスタイルをイメージしながらコンセントの設置場所を決めていくことがポイントです。また、将来的に家電が増えることを想定し、余裕をもった個数を準備するのが良いでしょう。ぜひこの記事を参考にして後悔の少ないマイホームを完成させてくださいね!

宮城県での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約