失敗談から学ぶ! ワークスペースづくりのポイント

働くスタイルも多様化し、在宅勤務などテレ生活空間の中に、仕事がしやすいスペースをどのように確保したらよいのか…困っている方の声や失敗談をまとめ、ワークスペースづくりに大切なポイントを考えました。ワークが急速に増えている今、自宅にワークスペースが必要になっている方は多いのではないでしょうか。

生活空間の中に、仕事がしやすいスペースをどのように確保したらよいのか…困っている方の声や失敗談をまとめ、ワークスペースづくりに大切なポイントを考えました。

家を建てる際にワークスペースづくりを計画している皆さん、是非チェックしてくださいね。

ワークスペースで困ったこと

自宅で仕事をする皆さんには様々な「困った」やワークスペース失敗談があるようです。

温度調節ができない

使っていない部屋をワークスペースにしたことで空調が無かった…という場合だけでなく、ホールの一角に作ったワークスペースなどでも空調が届かないため使えないということもあるようです。

防音対策ができない

リビングの一角などのワークスペースやリビングに近い部屋などでは、家族が一緒に過ごしている時間帯は生活音の影響を受け、仕事に集中できないことも。ウェブ会議や電話をする時も、聞き取りにくかったり、余計な音を相手に届けてしまったりと、音に関する悩みは多く挙げられています。

明るさの調整が難しい

日当たりの良くない部屋はもちろん、作業をすることを前提せずに作った部屋では照明の明るさが足りなかったということがあります。お洒落な空間づくりにばかりに気を取られ、壁や天井をダークトーンにしたことで、明るさが足りないということもあるようです。

収納が少ない

ペーパーレスが進んでいるとはいえ、仕事をする際に様々な書類や資料などが必要な人は多いでしょう。自宅に職場のような、広くて収納も充実しているデスクやキャビネットを置くことはなかなかできないので、収納スペース不足に悩む人も多いようです。

ワークスペースづくりで大切なこと

杜ハウス実例

ワークスペースを確保する際は、仕事をする際にどのような作業をするかを考えることが重要です。

たくさんの資料を使うのか、大きな紙を広げるのか、電話や会議の頻度やその時間帯などを考慮した上で、

  • 部屋の広さ
  • 収納の量
  • 作業デスクなどの配置
  • 明るさを空調

を決めていく必要があります。

全ての項目を完璧に揃える・整えることが難しいという場合は、柔軟な工夫でカバーしましょう。

大きな紙を使うのに広い机を置くことができない場合に作業内容や時間帯を調整してダイニングテーブルを利用したり、子どもがいない時間帯に子ども部屋を仕事部屋にするなどできることはたくさんあります。

まとめ

部屋の明るさや空調など、ワークスペースを計画する際に重要なポイントは様々。
ご自身の仕事の内容や今後の家族の生活スタイルなどに合わせて、機能的なワークスペースを作ってくださいね。

宮城県での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約