注目素材「メンテナンスフリー外壁」

注文住宅を建てる際に、多くの方が興味を持ち、実際に採用しているものの一つに「メンテナンスフリー外壁」があります。

外壁は常に外気にさらされており、紫外線を浴び、さらに汚れの付着や劣化が進みやすい部分です。10年~15年経つと修繕が必要となるケースが多く面積が広いうえに足場を組む必要があるなど、修繕費用が高額にもなります。

メンテナンス費用を抑えることができるとして注目されている「メンテナンスフリー外壁」とは、どんなものなのでしょうか。

「メンテナンスフリー外壁」とは何か?

「メンテナンスフリー」と聞いて、誤解してはいけないのが「全くメンテナンスをしなくていい」というわけではないことです。

メンテナンスフリー外壁の定義は、実はない

「メンテナンスフリー」と種別されている外壁には特に定義はなく、従来の修繕時期を延ばすことができる外壁について外壁塗装業界では「メンテナンスフリー」と呼んでいます。外壁が劣化していく原因をまず知っておきましょう。

外壁が劣化する原因を知ろう

  • 雨風(酸性の雨が外壁表面を侵していく)
  • 紫外線(特に日当たりの良い南面は劣化が激しい)
  • 経年劣化(歳月によって劣化。ヒビからも劣化が進む)
  • 排気ガスや大気汚染による汚れの蓄積

劣化原因の対策を施した外壁のこと

このような原因から受けるダメージを減らし従来の修繕時期を延ばすことができる外壁のことを「メンテナンスフリー外壁」と呼んでいます。修繕時期までの間隔を長くでき必要な修繕の回数を減らせるため、ランニングコストの軽減に繋がります。

修繕時期を延ばすための具体的な対策

  • 耐久性の高い外壁材を使う
  • 光触媒塗装で汚れを落ちやすくする
  • 屋根の庇を長くするなど設計上の工夫をする

「耐久性の高い外壁材」とは

堅牢なタイルや屋根材などを外壁に使ったり、ALC(軽量気泡コンクリート)やサイディングなどの外壁パネルでも高耐久性塗料を塗ったり、劣化の早い目地に耐久性のあるものを使うことで外壁の修繕時期を15年や20年に延ばすことができるといわれています。

「光触媒塗装」とは

外壁の寿命を延ばすことができる技術。外壁に付着する紫外線による汚れを光触媒効果によって分解し、親水化された塗膜で雨が汚れを洗い流してくれる塗料を塗装します。

「設計上の工夫」とは

屋根の庇などを長くすることで、外壁の劣化原因となる紫外線や雨から外壁を守り、汚れの付着も軽減されます。外壁の劣化に着目して、耐久性の高い外壁を使うだけでなく設計から提案してくれるハウスメーカー・工務店もあります。

「メンテナンスフリー = 何もしなくてよい」と考えがちですが、そうではありません。塗料の塗り替えや目地のシーリングの打ち直しなど、定期的な点検をしながら、メンテナンス計画もきちんと考えておくことで、「大規模な修繕」を防ぐこともできます。

素材別、メンテナンス時期の目安

木質系サイディング…約7~10年
窯業系サイディング…約7~10年
モルタル外壁…………約10年
金属系サイディング…約10~15年
樹脂系サイディング…約10~15年
タイル外壁(目地)……約10~15年
ALG外壁………………約10~15年
ガルバリウム鋼板……約25年~
タイル外壁……………約30年~

ランニングコストを見据えた満足の家づくりを

せっかく叶えたマイホーム。メンテナンスに追われたり、ランニングコストがかさんでしまっては、暮らしの楽しみも何だか半減してしまいますよね。数年後にかかっている費用をしっかり考えて計画し、快適がずっと続く満足の暮らしを実現させましょう。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約