注文住宅の支払いスケジュールは?

建売に比べ、土地を買って家を建てる注文住宅の場合は、手続きはもちろん、お金を支払うタイミングが数段階にわかれており、住宅ローンの手続きも複雑になります。手続きや支払いだけで疲弊してしまった…とならないよう、全体のスケジュールを少し把握しておきましょう。

まずは支払うお金の種類と支払スケジュールを把握すること

まず、ポイントとなるのが、注文住宅は「土地の購入」「家の建築」の2段階の手続きがあること。住宅資金のうち、土地購入にいくら、建物にいくら使うのか、しっかり計画を立てましょう。

土地費用や建築費用、住宅ローンの借り方でも異なりますが、購入諸費用は「土地代金+家の工事費用」の6%~10%が目安。工務店、ハウスメーカーと全体的なスケジュールをよく相談しましょう。建築会社を決めてから、土地を探すのもひとつの手です。

土地の購入時に支払うお金

「売買契約時」手付金(価格の5%~10%)

手付金として、価格の5%~10%を土地の売買契約時に支払います。売主・買主の合意によって決めるため目安とは異なるため、用意できる金額を、早めに不動産会社(仲介会社)に相談しましょう。

また仲介会社を通して土地を購入する場合、契約時に仲介手数料の半金を支払います。

「手付金」は売買代金の一部。契約から引き渡しの間に買主の都合でキャンセルする場合は戻ってこない場合があるので注意が必要です。

「引き渡し前」購入物件の残代金

土地の売買代金から手付金を引いた「残金」は、引き渡しの直前に指定された口座に振り込みます。これを残金決済といいます。なお、残金の一部を「中間金」として、残金決済より早い時期に支払うケースもあります。

住宅ローンを借りる金融機関には「残金決済の期日までに借りたお金が支払われるか」を確認しましょう。住宅ローン借り入れ分のお金は金融機関から直接振り込んでもらうことも可能です。

主な土地の購入諸費用(土地代金の6%~10%)

  • 印紙税…売買契約書に収入印紙を貼る形で納める税金。税額は売買代金によって異なります
  • 仲介手数料の半金…「(売買代金×3%+6万円)+消費税10%」を上限とする「仲介手数料」を、一般的に契約時と引渡時に半金ずつ払う

住宅建築時に支払うお金

「見積もり作成時」地盤調査費用など

土地が決まったら、依頼業者が、敷地の測量、法的制限のチェック、周辺状況の調査、地盤調査などを実施してくれます。地盤調査費用の目安は5万円~10万円程度になります。

「工事の請負契約」→4回程度に分けて支払い

見積もりに合意したら、いよいよ工事がはじまります。工事費用は、工事の段階ごとに4回程度に分けて支払うことが多いようです。

  • 請負契約時……契約金(工事費用の約10%)※着手金とも呼ばれる
  • 着工時…………着工金(工事費用の約30%)
  • 上棟時…………中間金(工事費用の約30%)
  • 引き渡し前……建築費の残代金(工事費用の約30%)

住宅ローンは、フラット35などのように建物が完成してから一括して支払われるもの(つなぎ融資が必要)と、分割して支払われるものがああります。

諸費用は工事費用の10%程度

家を建てる際に必要な諸費用の目安は工事費用の10%程度ですが、土地の条件によっては、費用が嵩むケースがあります(電柱移設費、歩道の切り下げ工事費用、水道管引き込み工事費など)。

引き渡し後に支払うお金

引っ越し代や家具代

引っ越しに必要な費用も、念頭においておきましょう。移動距離15キロ以内、4人家族を目安として10万~20万円ほど。家具やインテリアに関わる費用も考えておく必要があります。

引き渡しの半年~1年半後に「不動産取得税」

建物や土地を取得、新築するとかかる税金のことで、引き渡しの半年~1年半後に、都道府県から納税通知書が送られてきます。

※一定の条件を満たす新築住宅は軽減措置が受けられる場合がありますが所定の期間内に申告が必要なケースも。土地の購入時点で不動産会社や都道府県の担当課に問い合わせをしておくと安心です。

じっくり相談をしながら家づくりを

いかがでしたでしょうか。手続きや支払いスケジュールが煩雑で大変かもしれませんが、まずは大まかな流れを把握しておきましょう。全体的なスケジュールを丁寧に提示してくれるだけでなく、お金に関するプロに相談ができる建築会社も多くあります。ぜひ気軽に相談をしてみましょう。

お金について相談したい
お問合せ/来店予約