不動産の売却ってどうすればいいの?

新たに家を建てたいと思っているが、今の家をどのように売れば高く売れるのか、迷っている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、不動産の売却までの流れ、家をできるだけ高く売るためのコツなどについて解説します。

売却までの流れ

まず、売却までの流れとポイントをお伝えします。

  1. 相場を調べる
  2. 査定を依頼する
  3. 比較検討する
  4. 売却の契約をする

少し細かくみていきましょう。

1.相場を調べる

売却をしようとしている物件がいくらくらいで売れそうなのか予め大まかに知っておくことが大切です。

建物の場合、立地、広さ、築年数、建てたメーカーなどによっても相場は変わってきます。公益財団法人の「REINS(レインズ・マーケット・インフォメーション)」では、全国の一戸建て住宅が実際に取引された売却価格を直近1年間まで遡って閲覧することができるので、参考に見ることができます。

また、土地の場合は、国土交通省が運営する土地総合情報システムを使うことで、地価が簡単にわかりますのでお勧めです。

2.査定を依頼する

実際に売る時には、訪問査定を受けることになるのですがいきなり業者の人に来られてはびっくりしますよね。そこで一括査定のサイトを利用すると簡易査定を行ってもらえるのに加え、不動産会社を一度に多く知ることができます。

3.比較検討する

一括査定で見積りを出した会社から実際に売却依頼する会社の候補を絞っていきます。見積り価格が高い会社、対応がスムーズな会社など売りたい条件とマッチするかを考え、2.3社に絞るのがおすすめです。

4.売却の契約をする

売却を依頼する会社が絞れたら、訪問査定になります。この際、建物の売却の際は特に「きちんと整える・きれいに掃除する」ことがポイントになります。もちろん居住中の場合には、全てのものを片付けられないと思いますが、整っていたり掃除が行き届いていることで、大切に扱われていたということが伝わり、その分見積り金額にも反映してくることも。クリーニング業社に依頼するのも一つの方法です。数万円かかりますが、査定額が変わる可能性を考えれば、出して損はない金額になるケースもあるので、検討してみましょう。

いかがでしたか?

不動産の売却について流れをメインにお伝えしてきました。一括査定において、想定外に高い金額を提示してくる不動産会社がいる場合は注意が必要です。相場の範囲内で高めの価格を出してくる会社から選ぶほうが、後々の手続きもスムーズにいくことが多いでしょう。

一生のうちで数えるほどしか経験しない不動産の売却。情報を選びながら検討してみてくださいね。

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約