住まいの防犯対策・人気の設備

家づくりを進める際に、「快適性」「デザイン性」と共に重視するのが「安心・安全」という点ではないでしょうか。家族みんなが安心して暮らせる住まいに欠かせないのが「防犯面」です。犯罪などから家族を守ってくれる高いセキュリティ性能を持った様々な防犯設備が次々と登場しています。

今回は、防犯対策のアイディアや人気の設備をご紹介します。

まずは窓の周りから

一戸建てで侵入窃盗の最も多い侵入口は「窓」と言われています。窃盗犯は、無施錠のドアを開ける、もしくはドライバーやバール、火などを使ってガラスの一部分を破り、クレセント錠(施錠金具)を開錠てサッシを開けて室内に侵入する手口が多いとか。

強化&複層ガラスで防犯を

家づくりで防犯対策を考えるなら、まずはガラスの強化から。予算に余裕があるなら、防犯性能の高い強化ガラス・複層ガラスなどを導入がおすすめです。また、防犯フィルムを貼ることでガラスの強化ができます。

クレセント錠を強化!

クレセント錠は上部に取り付けたり、補助錠を取り付けるのもおすすめです。特に、外から見えにくい1階の掃き出し窓や、腰壁があって隠れやすい2階ベランダの掃き出し窓などは注意。掃き出し窓周辺は見通しの良い構造にしましょう。ベランダへ上る足場になるものは設置しないようにしましょう。

暗証番号ダイヤル付きなど解錠に時間がかかるタイプのクレセント錠もありますよ。

雨戸、シャッター

雨戸やシャッターも防犯に効果あり!防犯面が心配な方は、検討してみましょう。もちろん、雨戸やシャッターを閉めている場合でも、内側の窓の施錠を忘れないでください。

面格子や防犯センサー

トイレや浴室の窓、高窓などには、頑丈な面格子を取り付けたり、窓の開閉やガラス破りを検知するとアラーム音が鳴る防犯センサーも人気があります。

出入口の防犯設備

玄関は頑丈なドアに

次に狙われやすいのは、やはり玄関などの出入り口。鍵穴に工具を入れて鍵を開ける「ピッキング」や穴やドアの隙間から工具を入れてドア内側のロック用つまみをまわす「サムターン回し」、ドアの隙間に工具を入れてドアを無理やりこじ開ける手口も多いようです。家づくりの際には、頑丈なドアと防犯性能の高いドアを検討しましょう。

鍵にこだわろう

ピッキングに時間がかかるディンプルキーや、補助錠を付けたりする防犯対策、さらにドアの隙間や鍵穴の周辺部分にプレートを取り付けて補強したり、サムターンカバーを設置したりするのもおすすめです。鍵の閉め忘れを防ぐためドアが閉まると自動的に鍵も閉まる設定や、室外からの解錠を無効にできる設定が可能な鍵もあります。

複数の防犯対策を組み合わせると効果的です。

勝手口はも注意!

勝手口を設ける場合にはより注意が必要です。勝手口は死角になりがちで、玄関よりも防犯性能が劣るドアや鍵を使用している場合があり、狙われやすいようです。玄関のドアと同様、頑丈なドアと防犯性能の高い鍵付きドアを検討しましょう。ゴミ出しなどの短時間でもしっかり施錠する習慣も必要になります。

外周・お庭の防犯対策

人感センサー機能付きの防犯ライト

常時点灯しているライトに比べ、人感センサー付きの防犯ライトは、悪意を全く持っていない普通の人でもドキッとしますよね。空き巣や強盗を試みようとしている犯罪者は、尚のこと。

急に灯りがつくことで、かなりの防犯効果を期待できると思います。

屋外「防犯カメラ」

敷地・建物への侵入口などに防犯カメラを設置することが防犯面で大変効果かあります。特に表から死角となる場所などには、人感センサー付きのライトと併設する形で設置するといいでしょう。

白黒の映像にはなりますが、明かりのない場所で撮影できるのが「赤外線タイプ」や赤外線タイプと異なり広範囲を撮影できるのが「高感度タイプ」など様々なタイプが販売されています。また動作検知と人感センサーを搭載し、センサーが反応するとリアルタイムで室内のモニターに通知されるものや、スマホと連携して確認できる防犯カメラなどもあります。

その他

室内でも防犯対策!

新築戸建ての防犯対策は、室内でも可能。室内の様子を確認できる防犯カメラがあれば、外出先でも安心です。人体検知センサー付きで、センサーが反応すると自動で録画を開始したり、スマホに異常を通知したりできる機能が付いているものは人気があります。

スマホでモニターを遠隔操作したり、スピーカーアラームで室内にいる人に話しかけたりする機能も!防犯面だけでなく、外出中にペットや留守番中の子どもの様子を確認できるので便利です。

セキュリティサービスへの加入

防犯対策を講じても、まだ不安…という方はSECOM、ALSOK、セントラル警備保障といったホームセキュリティ会社に加入するも防犯対策として効果があります。

スマートホームでより安心!

最新テクノロジーを駆使したスマートホームを導入しているモデルハウスも増えてきました。便利なだけでなく、防犯面にも効果があります。例えば、玄関の無施錠を防ぎ、外出先でも玄関や窓の施錠確認がスマホからできたり、人感センサーによって窓からの人の侵入を検知しお知らせしてくれたり、外出先から家の内外の様子を防犯カメラで確認ができます。

家づくりの際に、スマートホームの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか

せっかく快適なマイホーム。安心して快適な暮らしを楽しみたいですよね。ぜひ、住まいや財産、そして大切な家族を守るためにも、家づくりの際には防犯対策についてもしっかり検討していきましょう。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約