高気密高断熱って?

家のチラシや広告の中に「高気密」や「高断熱」と言う言葉を見かけたことはありませんか?そこから思い浮かぶのは「省エネ住宅」や、「暖かさが逃げにくい家」だったりすると思います。そもそもどんな家をさす言葉なのか、これからの法改正で購入する時に皆さんにも関わるポイントを詳しくお伝えしていきたいと思います。

高気密な家って?

これまで主流だった在来工法で建てられた家は、いくら丁寧に建てられていてもその天井や壁に隙間が生じて、冬は暖かい空気が逃げてしまっまり、夏は暑い空気が入ってきてエアコンの効率が悪いといったデメリットがありました。

そういったことを防ぐために、高気密な家では防湿シートや断熱材、気密テープや工場で生産した精度の高い部材を使用することによって、できるだけ隙間を作らないようにして建築されています。

高断熱の家とは?

断熱性能が充分でないと冬は寒く、夏は暑い家になってしまいます。外の空気の温度が壁や窓を通して家の中に伝わってきてしまうからです。そのため高断熱の家では、冷暖房で快適な温度にした室内の空気をなるべく逃がさずに外気の影響を受けにくくします。室内を効率よく温めたり冷やしたりできるようになるので、省エネで光熱費を抑えることもできるようになり、場合によってはエアコンや暖房器具の数を減らすことも可能なケースもあります。

ヒートショックを減らせるメリットも

また最近特に寒い時期になると「ヒートショック」という言葉を聞くようになったと思います。急激な温度変化により心筋梗塞や脳卒中を起こすといい非常に危険なものです。浴室と脱衣所といった比較的温度差が大きくなりがちなところでも、高気密高断熱仕様になっていると温度変化が緩やかになり予期せぬ事態を防ぐことにも役立ちます。特に高齢の家族がいる場合、安心にも繋がるでしょう。

結露も気密、断熱、換気で防ぐ

メリットも多い高気密高断熱ですが注意したい点もあります。例えば結露。結露は温度差によって空気中に含まれる水分が水滴となるものです。壁の断熱材と柱の間に隙間ができると結露が生じ、これが原因で建物の劣化やカビの原因にもなったりするのです。これを防ぐのには暖かい空気の中に含まれる余分な湿気を換気で排出してあげればいいのです。

現在の住宅には24時間換気システムの設置が2003年から義務付けられています。換気システムがうまくいくのには機密も大事な要素になります。どこかに少し隙間があれば家全体の換気システムがまんべんなく働かなくなってしまうからです。家を建てる際には、機密、断熱、換気のバランスをきちんと見てもらえるようにハウスメーカーなど建築会社に相談してみると良いでしょう。

二つの工法の断熱

内断熱、外断熱、併用型も

断熱の工法は大きく2種類あります。内断熱は、断熱材を外壁と室内の壁の間天井の上床下などに詰める充填断熱工法のことをいい、コストが比較的抑えられるのがメリットです。もう一つの外断熱は、家の外側を断熱材で包む方法で外張り断熱工法とも呼ばれます。外断熱の方がコストが高めですが、家全体が包まれているので外から熱をダイレクトに伝える箇所が少なくなり、断熱性を高く保ち気密性を確保しやすいのがポイントとなります。

最近では、それぞれのメリットを生かして内断熱と外断熱を併用するケースも増えています。

豊富な種類の断熱材

断熱材にはグラスウールやセルロースファイバー、硬質ウレタンフォームといったいろいろな素材が使われています暑さによってコストも変わってきますがそれぞれの特徴聞いてみるのも大切です。

断熱の性能はUA値で見る

UA値って?

断熱性能の善し悪しを測るには何をみればいいのでしょうか?これには「UA値」の指標を見ます。UA値とは、「外皮平均熱貫流率」のことで、一定時間あたりにどれだけのエネルギーが失われるかと言うものを示した数値になります。住宅の中と外の温度差が1度の場合、中から外へ逃げる1時間あたりの熱の総質量を住宅の外皮(外壁、床、天井、窓、ドアなど)の面積で割って求めます。

次世代省エネ基準にもかかわる

UA値は低いほど断熱性が高い家となります。2021年4月から建築士による説明が義務がされる数値です。エリアによって気候も変わるので、目指す数値が異なります。宮城県は4地域と置かれており、UA値が0.75を下回ることで次世代省エネ基準をクリアすることになります。

いかがでしたか?

断熱は使われる材料によって性能が大きく変わってきます。その後の光熱費も大きく関わってくることにもなるので、仕様の検討段階でよく調べたり聞いてみたりするといいでしょう。

住宅アドバイザーに相談する
お問合せ/来店予約