不動産は消費税がかかるのか?

普段の生活でなじみの深い税金は消費税ではないでしょうか。では不動産の場合はどのようなケースで消費税が課税されるのでしょうか?見ていきましょう。

土地に消費税はかからない

まず消費税が課税されないものに「土地の購入」があります。消費税とは物やサービスの購入に課かるので、土地の購入は資本の移転となり、消費とみなされないからです。そのため住宅購入のうち「土地分の価格」は非課税となり、「建物分の価格」にのみ課税されます。これは建売住宅の購入であっても注文住宅を建てる時であっても変わらず課税されます。

中古住宅の購入の場合は?

中古住宅の場合、誰から購入するかで課税対象かどうかが変わります。個人である売主の中古住宅を購入する場合には、消費税はかかりません。しかし、中古住宅の購入の場合でも不動産会社がリフォームをして販売する中古住宅等には課税されます。相手が事業として消費税を納めているかどうか(課税事業者かどうか)によって変わってきますので、注意が必要です。

仲介手数料も基本的に消費税が課税

不動産の仲介手数料は基本課税対象となります。住宅購入の際に支払う仲介手数料は仲介業者が課税事業者の場合、消費税がかかります。この仲介手数料への課税は、「仲介」というサービスの対価への課税となります。ですので、仲介してもらったのが消費税のかからない土地であっても、その土地の仲介手数料には消費税は課税されるのです。

売買物件の仲介手数料の計算方法

 仲介手数料の上限:売買価格×3%+6万円
 仲介手数料の上限(税込):(売買価格 × 3% + 6万円)× 110%

例:4000万円の土地付新築戸建の場合

下記の例でみていきましょう。

土地価格:2000万円、建物価格:2000万円とすると、
物件の販売価格(税込):2000万円+(2000万円×110%)=4200万円
物件の仲介手数料(税込):((4000万円×3%)+6万円)×110%=138.6万円

となります。

このほかにも、購入時にかかる諸費用で消費税がかかるのは、ローン借入費用の一部、登記費用のうち司法書士報酬などがあります。一方火災保険料などにはかかりません。

いかがでしたか?

不動産にかかわる消費税を見てきましたが、基本的に「消費できるもの・サービスかどうか?」でざっくりと判断することができるかと思います。参考に覚えておいてくださいね。

お金について相談したい
家づくりの相談をする