「親子ローン」の種類とメリット・デメリット

住宅を購入する方法として「親子ローン」という選択肢もあります。今回は、親子で費用を負担し合い、共同でローンを借り入れる方法(ペアローン、リレーローン)と、親子ローンを利用するメリット・デメリットについてご紹介していきます。

「親子ローン」は2種類

「1つの住宅を親と子で共同名義で購入して、二世代で返済していく住宅ローン」で、親子ローンは「リレーローン」と「ペアローン」の2種類あります。

多くの金融機関で「親子の同居が条件」となっています。

  • これから二世帯住宅を建てたい
  • 親子で同居できるように住宅を建て替えたい

と検討している方には最適なローンです。

2つ「親子ローン」の仕組み

親子ローンは『リレーローン』と『ペアローン』の2つの総称ですが、『親子ローン=リレーローン』と呼ぶケースが多いようです。

一見似ている2つのローンも、ローンの契約数や返済開始時期などが異なります。まずは下記の表で比較してみましょう。

リレーローンペアローン
住宅ローン
契約数
1本2本
特徴子が「連帯債務者」となるお互いに「連帯保証人」になる
返済方法親が返済して、
その後子供に引き継ぐ
親子で同時に返済していく
団体信用生命保険子供のみ
(例外あり)
親子で加入
住宅ローン
控除
親子とも適用される親子とも適用される

途中でバトンタッチする「リレーローン」

では、上の表について、もう少し詳しく説明していきます。まずは、先に親が返済を行い、途中で子にバトンタッチする「リレーローン」から。読んで字のごとく、ひとつのローンをリレー形式で返済する方法であり、返済期間を通常よりも長く設定できる仕組みです。

リレーローンのメリット

  • 収入額を合算して借入金額を検討できる
  • 親の年齢にかかわらず返済期間を長く設定できる

単独での収入が低い場合も、借入額を広げられることが魅力ですね。

リレーローンのデメリット

  • 団信はどちらかしか加入できないケースが多い
  • 支払いが始まる前であっても、子が他のローンを組みにくくなる

2つの契約となる「ペアローン」

上記表にあるように、「ペアローン」とは、親子が別々のローンを契約して、2本のローンでひとつの住宅を購入する方法です。親子だけでなく、夫婦間でも利用されるローンです。

ペアローンのメリット

  • 返済期間を長くせずに借入額を増やせる
  • 親子それぞれで独立して金額や金利設定が行える
  • どちらも団体信用生命保険(以下、団信)に加入できる

親と子が並行して返済を行うため、返済期間を短くしたまま借入額を増やせることが最大の魅力です。

ペアローンのデメリット

  • 親が高齢の場合はローンが組めないこともある
  • 借入時の手数料などが倍になる!

親子ローンの利用条件や注意点

主な利用条件は4つ

金融機関あげている主な利用条件は4つあります

  • 親子どちらも互いに収入がある
  • 親子のどちらも連帯債務者または連帯保証人になる
  • 購入した住宅に同居する
  • 申込時の親の年齢が70歳未満

上記に加えて収入を審査するケースもあります。利用条件は金融機関ごとに異なるため、事前にしっかりと相談をして確認をしておきましょう。

親子ローンの注意点

親が65歳以上でも住宅ローンが利用できたり、希望金額を借り入れしやすく、さらに親子ともに住宅ローン控除が使えるなど二世帯住宅を検討しているなら、大変魅力的な「親子ローン」。しかし、親子ローンの注意点もしっかりとチェックしておきましょう。

住宅ローン破産の可能性がある

単独の住宅ローンよりも融資額が大きくなることと、親子でローンを抱えているため、いざというときに援助がしにくい…ということもあるので注意が必要です。

名義変更や解消が難しい

金融機関にとって住宅ローンの名義変更は大きなリスクとなります。親と別居したい、結婚(もしくは離婚)したから別の家を建てたい…という場合もといわれています。

親の持分は相続税の対象となる

住宅が親子の共同名義の場合でも、親の持分が相続税の対象となります。例えば、6000万円の住宅を親子ローンで建て、親が4000万円返済した場合、住宅の約66%が親の持分に。親が死亡した場合、親の資産は相続の対象となるため住宅価格の約66%に相続税がかかります。

相続トラブルが起こりやすい

親子ローンで購入した住宅には抵当権がつくことから、同居している子どもに相続の権利が限定されます。子供が複数いる場合は、財産分与でもめることがないように、事前に話し合いしておくことが大切です。

他のローンが組めない可能性あり

親子ローンを利用中は、返済が始まっている・いないにかかわらず子供は「住宅ローンをすでに契約している状態」です。返済が完了するまで、他のローンが組みにくくなります。

まとめ…親子ローンで失敗しないために

様々な注意点もある「親子ローン」ですが、「我が家は利用しても大丈夫なのか」をしっかり確認することが大切です。現在、親と同居をしてうまくいっている方、他の子世帯が親の同居を了承している方、相続の合意を得ている方などは親子ローンを組んでも安心でしょう。
逆に、別居の可能性がある、親と子世帯の仲が良好ではない、収入に不安がある、家族間で相続の合意が得られていない場合は利用を再検討した方がよいでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約