南向きの家のメリット・デメリット

家を建てる時、日当たり具合は大切なポイントになります。
一般的には南向きが良いとされ、不動産業者の広告等で南向きの物件であることが強調されているものを目にすることも多いのではないでしょうか。
では、なぜ住宅は南向きが良いとされているのでしょう?

今回は南向きの家のメリット・デメリットを解説します。

南向きの家の特徴

太陽は東から昇り、南の空を横切って西へと沈むため、家が南を向いていると日中の長い時間、日当たりを確保することができます。

南向きの家のメリット

南向きの家は長時間日当たりを確保できるためメリットがたくさんあります。

日当たりが良いので暖かい

南向きの家は日当たりがよいため、太陽光のおかげで暖かく過ごすことができます。
暖房が必要な季節でも、太陽光で部屋が暖まるため暖房費を節約することができます。

明るい時間が長い

日当たりが良ければ、日中のほとんどの時間を照明なしで過ごすことができます。
在宅ワークが増えている今、太陽の光が入る明るい部屋のほうが仕事もしやすいのではないでしょうか。

ベランダやバルコニーが活躍する

南向きにバルコニーやベランダ、物干しエリアを配置すれば、洗濯がよく乾くためとても便利です。
日当たりが良いのでベランダで植物を育てることもできるでしょう。

カビが発生しにくい

日差しが入る時間が長い家は、室内にカビが発生しにくくなります。日当たりが良いと喚起もしやすくなり、こまめに空気を入れ替えることで室内の環境を良い状態に保つことができます。

南向きの家のデメリット

ここまでメリットをご紹介しましたが、南向きの家にはデメリットがないわけではありません。南向きの家を検討されている方もチェックしておくとよいでしょう。

冷房費がかさむ

日当たりが良いことが大きなメリットである南向きの家ですが、日が当たって暖かいということは、夏は暑くなりやすいということでもあります。近年、猛暑も増えていますので、暑さが苦手な方は夏場の冷房にかかる費用がかさんでしまうことも。

しかし、一般的に家庭用のエアコンは、冷房に比べると暖房のほうが電気代がかかるとされていますので、冬の寒さが厳しい地域では冬も暖かいというメリットのほうが大きいかもしれません。

紫外線で家具が傷む危険性がある

日当たりが良いということは、紫外線が家の中に多く入ってくるということでもあります。紫外線によって壁紙や床、家具などが傷んでしまうこともありますので注意が必要です。
こだわりの家具や書籍、大切なコレクショングッズなどは、日焼けしないようにする工夫すると良いでしょう。

土地の価格が高い

日当たりの良い南向きの住宅が建てられる土地は人気があるため、土地の価格も少し高めに設定されています。
その分、資産価値が高くなりますので、将来売却を考えているという方にはオススメです。

南向きの家の注意点

南向きの家で日当たりの良い家でも、リビングが向かいの建物から丸見えになってしまったり、部屋からの景観が悪いということもあるかもしれません。せっかくの南向きの家なのにカーテンが開けられない部屋ばかりになっては意味がありません。
南向きの住宅を建てる際には、日当たりにこだわるだけでなく、色々な視点を持って検討することが大切です。

まとめ

南向きの家にはたくさんのメリットがありますが、全ての方にとってそれがベストということではありません。日中は家にいる時間が少ないという方には南向きの家にそれほどメリットを感じられないかもしれません。

安易に南向きがベストと判断するのではなく、ご自身やご家族のライフスタイルを考慮して検討すると良いでしょう。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。 「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。 詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約