育休中でも住宅ローンは組める?

近年は共働き世帯が増え、産休・育休をとって仕事を続ける女性も増えています。男性で育休を取得される方はまだまだ少ないですが、今後増えていくことは間違いないでしょう。
女性だけでなく、男性も育休を取得するようになると、育休と住宅取得というライフイベントが重なることあるかもしれません。

今回は、育休中に住宅ローンを組むことができるのか、解説します。

育休中でも住宅ローンを組むことができる

育休中は勤務先からの給料の支払いはなくなり、雇用保険から育児休業給付金が支払われることになります。月々の収入が減ってしまうことから、住宅ローンは申し込めないだろうとお考えになる方も多いかもしれません。しかし、育休が終われば、会社に復帰して収入が得られるようになるので、住宅ローンを組むことができないということはありません。

金融機関によってローンの審査内容は異なりますが、育休取得前の収入を証明するものがあれば申し込むことのできるものもあり、さらに借入要件をクリアしていれば住宅ローンを組むことは可能です。

住宅ローンの審査のポイント

住宅ローンの審査について詳細は公表されていませんが、重要視されているポイントは「安定した収入があるか」です。ですから育休中に住宅ローンを申し込む場合、審査の対象になるのは育児休業給付金の額ではなく、「育休から復職して安定した収入を得ることができるか」ということになります。

具体的には、育休に入るまでの年収や復職後に想定される年収が審査の対象になります。

住宅ローンを申込む際には、育休から復職した後に見込まれる収入を証明できるように準備しておきましょう。
用意しておくとよいのは

  • 育休取得前の源泉徴収票
  • 育休取得前の確定申告書
  • 育児休暇証明書(復職時期が明記されているもの)
  • 年収見込証明書

などです。

夫婦で住宅ローンを組む場合

夫婦二人でローンを組む場合には、いくつかのパターンがあります。
夫婦の収入を合算して1つのローンを組む「連帯債務」と夫婦のどちらかがローンを組み、もう一人が連帯保証人になる「連帯保証」、そして夫婦がそれぞれローンを組む「ペアローン」という方法です。

夫婦のどちらかが育休中の場合は、二人の収入の合算で審査をする「連帯債務」や「連帯保証」が、通りやすいと言われています。

「ペアローン」は夫婦それぞれが審査を受けることになるので、特にも育休中の方の審査が厳しくなる可能性があります。

夫婦で住宅ローンを組む場合、どのパターンにもメリット・デメリットがありますので、申し込む金融機関に相談して、しっかりと検討することをオススメします。

まとめ

育休中の住宅ローンの利用について解説しました。
住宅ローンの申し込み内容や審査基準は金融機関によって様々ですので、皆さんにとってベストな選択ができるよう広く情報を集めることが大切です。

育休中に限らず、家を建てる際・住宅ローンを組む際には夫婦で将来の暮らし方・ライフプランをしっかりと話し合いながら進めていきましょう。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。 「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。 詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約