和モダンな暮らし~外観編~

家づくりを検討している際に、「和モダン」ということばを耳にする機会があると思います。その名の通り、「和」のテイストと「モダン」の要素を併せ持つスタイルのこと。和モダンの家とは、洋風住宅に、落ち着いた和の雰囲気や利便性を取り入れた「いいとこどり」の住まいとして、人気があります。

今回は、内観編に続き、「和モダン」な外観実例をご紹介いたします。

外観で「和モダン」スタイルをつくるコツ

日本伝統の温もりと心地良さのある和の空間に、モダンの過ごしやすさや便利さを組み合わせたデザインは、幅広い年代に支持され、さらに飽きのこないデザインとしても人気があります。内観と同じく、「和」と「モダン」のバランスがカギとなります。

瓦や格子をアクセントに用いる

日本家屋で採用される瓦、格子、障子などの建具をモダン住宅に程よく取り入れることで素敵な「和モダン」スタイルに仕上がります。重厚感のある「瓦」はモダンな外観のアクセントになりそうです。

モノトーンなど、屋根と壁を同系色にまとめると、統一感のある和モダン外観に、壁や屋根の色を工夫しツートンの和風住宅の外観に仕上げることで、印象的に仕上がります。

シンプルな外観に瓦屋根を採用することで、重厚感を+してくれます。

モルタルや土壁で「古き良き」和モダン住宅に

土壁やモルタルは、1990年代以前の日本では定番の壁。現代の住宅に採用されることは減りましたが、重厚で独特の質感は趣きがあり、味わい深い印象になると、和風を好む方に根強い人気があります。

呼吸するといわれている土壁は、室内の水蒸気を吸収するなど湿度調整機能が期待できるそうです。

水とセメント、砂を混ぜたモルタルは、表面に砂の細かい凹凸があり、和の雰囲気を演出するのにぴったり。部分的に用いるケースもあるようです。


【実例】和モダンスタイルの外観

瓦屋根を採用した和モダンな平屋

白黒ツートーンの外観に瓦屋根を施した、どこか懐かしさを感じさせる平屋住宅。軒天に木を採用することで、より和の雰囲気に。モダン住宅ながら温かみのある和モダン住宅に仕上がっています。

和とモダンをバランスよく施した平屋(宮城県・杜ハウス実例)

シャープな印象の大屋根に和のテイストをプラス

開放的な住まいを包む大屋根が印象的な佇まいに、格子など和の要素を加えています。スリット窓などシャープな雰囲気を出しながら、丸窓や木の柔らかな風合いが程よいアクセントに。落ち着いた和モダンスタイルが素敵です。

アクセントになっている木の格子は、光と風を通しながら、プライバシーを守る「目隠し」としても効果的です(日本ハウスHD実例)

「和」をアクセントに加えた勾配屋根が印象的な住まい

和モダンの内装に合わせて仕上げた洋風をベースとした和モダン住宅です。玄関まわりや外構など、和の素材をアクセントに加えて仕上げた「和モダン」は、かわいらしさとかっこよさ、温かみも感じられる素敵な佇まいですね。

一件洋風でありながら、玄関まわりや外構に、「和」をバランスよく配した和モダン住宅。ホッと落ちつく温かな雰囲気に癒されます(宮城県・大東住宅実例)

いかがでしたか?

落ち着いた雰囲気が醸し出せるのが和モダン住宅の魅力のひとつ。「和モダン」の外観は様々な表情がありますが、素材の使い方や和とモダンのバランス次第で、世界でひとつだけの素敵な「和モダン住宅」に仕上がるはずです。ぜひ家づくりの参考にしてみてくださいね。

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内全域で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約