定番の外観デザインを知ろう

住まいの顔と言える「外観」は、家の印象を左右する大切な要素の一つであります。「好きな外観イメージはあるけど、なんて言うデザインなのかわからない」という方の為に、テイストのバリエーションやトレンドをご紹介します。家づくの参考に一緒に確認をしていきましょう。

外観デザインの種類とイメージ

どんな種類が存在し、それぞれどんな特徴があるのか解説していきますので、自分好みのテイストを探してみてください。

シンプルナチュラル

シンプルでシャープな形状、白やベージュなど明るい色合いを基調とし、柔らかくナチュラルな雰囲気が特徴的です。外壁には、木(または木目調)や石、タイルなど素材感のあるテクスチャーをポイントに使用し、全体的に優しい色使いで仕上げます。温かみのあるナチュラルな雰囲気な好きな方にピッタリの外観スタイルです。

シンプルモダン

直線的でスッキリとしたデザインが特徴的で、装飾の少ない現代的なスタイル。無機質でスタイリッシュな雰囲気は、おしゃれで洗練された印象を与えてくれます。また、屋根は片流れやフラットな形状を用いり、外壁は黒やグレーと言ったモノトーンでまとめることが多いです。金属素材やコンクリートなど異素材をプラスしたり、形状によって外壁を張り分けたりして、シンプルな中に個性を出すこともできます。

和モダン

日本伝統的な和の要素と、現代的なモダンな要素をミックスさせた和モダンスタイル。外壁は、アースカーラーやモノトーンなど落ち着いた色を用い入り、自然に馴染む配色を心掛けるのがポイントです。和を感じさせる縦格子を外観のアクセントに使うと、風情ある上品な印象に仕上がります。また天然素材を取り入れる場合、使う範囲によって和テイストを強く協調することも可能。バランスをみて好みの雰囲気に調整することができます。

プロヴァンス(南欧)

フランス南部プロヴァンス地方の雰囲気をカタチにしたスタイル。白やオフホワイトの塗り壁に、赤やオレンジ、茶色といった暖色の素焼きの瓦を使用した爽やかで可愛らしい雰囲気が特徴的です。アイアンの格子や妻飾りを取り入れると、プロヴァンスらしい印象を与えます。レンガや石などをアクセントに取り入れると、より素朴な田舎家の雰囲気に近づけるでしょう。

アーリーアメリカン

アーリーアメリカンと言えば、板を重ねたようなデザインをしたラップサイディングと、カバードポーチが特徴的です。大きな切妻屋根や、窓を際立たせる装飾枠もアメリカン住宅らしい雰囲気を演出してくれます。 グレーやブルーの外壁は可愛らしい印象を、ダークグレーやネイビーはおしゃれな印象を与えてくれ、カントリーらしい素朴なスタイルの中に、住み手の好みの雰囲気を出すことができます。

注目のデザインは、シンプルモダンや和モダン!シックな雰囲気がトレンドに

近年の住宅外観は、シックで落ち着いたデザインが好まれているようです。派手な色を使わず、ダークグレーやブラック、ネイビーと言った落ち着いたいカラーを外壁に取り入れ、アクセントにナチュラルな木の要素を玄関ドアなどに採用したスタイルがトレンドになってきています。また、形状はできる限りシンプルで、無駄な装飾がないデザインも特徴的です。住宅の流行スタイルは月日が経てば変化しますが、洗練されたシンプルなデザインであれば古臭くなる印象もなく、街並みにも溶け込んでくれるでしょう。

さいごに

さまざまな外観デザインがある中で、今回はベーシックなテイストを厳選してご紹介しました。ハウスメーカーや工務店によっては名称が変わったりする場合がるので、上記の中から好みのデザインを探して、イメージに近いものを伝えてみてはいかがでしょうか。周囲が羨むほどの素敵な住まいを手に入れてくださいね。

外観にこだわっている会社を知りたい
家づくりの相談をする