読書家必見!こだわりの本棚がある家

「新しい住まいには、たっぷり収納できる本棚が欲しい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。本好きの方はもちろん、子育てファミリーからも需要のある造作の本棚。本当に役立つホームライブラリーのつくり方を実例を交えてご紹介します。

読書が習慣化する本棚づくりとは?

子供にもっと読書をしてほしい、隙間時間を活用して読書をしたい…など子育てママの願いや読書好きの方の希望など様々な想いがあるでしょう。読書が身近になる本棚づくりについて考えてみましょう。

  • 身近な場所に「本の置き場所」をつくる(リビングや階段付近など)
  • いつも目に付く場所に本棚をつくる
  • 動線を意識してつくる(寝る前に読むなら寝室までの通り道に)
  • 目線に合わせ手に取りやすいよう工夫する(子供向けは下、大人向けは上など)
  • 家族みんなが読書を楽しめる場所に設ける(親が読書を楽しんでいれば、子供も読書好きになるケースが多いようです)
リビングの一角に本棚があれば、大人も子供も自然と本を手に取るようになります。ひとつの収納をランドセル置き場とすれば、宿題→調べ物、明日の準備と、一か所で完結。デザイン性と共に、実用性の高さもポイントです。
壁面いっぱいの大容量本棚も魅力ですが、圧迫感があって避けたいという方は、このような本棚はいかがでしょうか。窓辺をワイドなベンチに仕立て、その下部を本棚に。本を手に取ったら、外を眺めながらゆったりと読書が楽しめますよ。

では、おすすめの設置場所と、その効果をご紹介していきます。

リビング一角に書斎兼ライブラリーを

家族が集まるリビングの近くに、書斎やスタディコーナーを設ければ、読書はもちろん、勉強や仕事など、家族みんなが利用できます。程よくセパレートしてあることもポイントで、わずかでも仕切りがあることでオンオフの切り替えができます。

書斎スペースの壁面いっぱいに本棚を設けましょう。家族の気配を感じながらも、自分の時間をゆったり過ごせます。
リビングにいる家族と会話を楽しめる場所に書斎兼ファミリーライブラリーを設けて読書を習慣に。窓の部分も本を眺めるためのカウンターとして利用できます。

階段下や階段壁面を有効活用

デッドスペースを生みやすい階段周辺をライブラリースペースとして活用してみましょう。お気に入りの本が見つかったら、階段をベンチ代わりに。不思議と集中力も高まり、子供達は物語の世界に入り込んでしまいそうですね。

リビングのスケルトン階段横の壁面に造作棚に。階段を上り下りしながら、本を探すのも楽しくなりそう。手の届きにくい部分には、読み終わった本やお気に入りの雑貨を飾ってもいいでしょう。
階段下を有効に活用し、段差を生かした本棚を設けています。お気に入りの絵本を手に取ったらウッドデッキに出て、風や太陽の光を感じながら読み聞かせをするのも良さそうです。

2階ホールをファミリーライブラリーに

階段を上がったら所狭しと本が並んでいる…。何だかワクワクしませんか。廊下やホールにデッドスペースが生れそうなら、壁面に本棚を設けてファミリーライブラリーとして活用してみましょう。ホールなら1階からの声が届きやすく、安心感がありますよ。

廊下の壁面にワイドな本棚を設け、家族みんなの書物を並べました。お気に入りのチェアーを置いて、自分だけの読書タイムに浸るのも格別に心地よい過ごし方になりそうですね。
壁面収納+カウンターを設ければ、ライブラリー&スタディーコーナーになります。上部には大人向けの小説を、下部には子どもの図鑑を。自主学習の際もすぐに調べ物ができます。

おわりに/造作本棚のすゝめ

いかがでしたでしょうか。今にも本を読みたくなるような本棚ばかりでしたね。完成後に本棚を買い足そう…と考えているなら、ぜひ家づくりを相談する際に、造作本棚の設置を相談してみましょう。既製品の本棚も大変便利ですが、やはりサイズ感がぴったり合った造作本棚は空間全体に馴染みむため魅力的です。使用目的、用途を考えて、最高のホームライブラリーを完成させてくださいね。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約