リビング兼ダイニングが叶う!「ソファダイニング」

狭い空間を有効活用できるソファダイニングというスタイルをご存じですか?省スペースで家具を配置するため、限られた空間の中でもスッキリとしたリビングダイニングを叶えてくれます。今回はそんなソファダイニングの魅力についてご紹介していきます。

ソファダイニングとは?

簡単に言うと、リビングとダイニング「寛ぎ」と「食事」の要素を兼ね備えたスタイルのこと。二つの要素をまとめることで、リビングとダイニング別々に置く家具もひとつで完結します。ソファとしてのんびり寛ぐことはもちろん、座り心地のいいソファで、食事を楽しむこともできるのがソファダイニングの魅力です。

魅力①スッキリ広々と空間が使える

「寛ぎ」と「食事」スペースを一カ所にまとめることで、空いたスペースを別の目的に使うことができます。小さい子どものいる家庭は、広々とした遊べる空間も確保できちゃいます。

魅力②圧迫感のないソファー×ローテーブル

高さのあるテーブルは、部屋に圧迫感を与え、実際の面積以上に狭く感じることも。ソファダイニングは、通常のダイニングセットと比べ低く設計されています。テーブルの高さが低いほど圧迫感が減少し、よりゆったりと寛ぐことができます。

魅力③カフェのような寛ぎの空間

インテリアにこだわったカフェの雰囲気を、自宅でも再現することができます。リラックスできる間接照明やクッションを置いて、ゆったりとソファでコーヒーを楽しむひとときは、おうち時間をより充実させてくれそうですね。

ソファダイニングの選び方をご紹介

ポイント①座り心地

食事のしやすさを考えると、座面は「固め」で奥行きは「浅め」になりますが、ソファダイニングの場合は、ゆったりと寛げるソファ感も大切にしたいところ。なので、どちらの機能を重要視するか見極めるのもポイントになってきます。購入の際は、しっかりと座り心地を確認し、ライフスタイルに合ったソファを探しましょう。

ポイント②ソファーの張地

ソファは、「フェイクレザー」「ファブリック」と張地によって、印象は大きく変わります。

お洒落な印象を与えるフェイクレザー。水や汚れにも強く、食べこぼしも水拭きでサッとキレイに。お手入れがしやすく扱いやすいで、小さい子どものいる家庭におすすめです。

温かみのある雰囲気が特徴的なファブリック。ファブリックの場合は、取り外しができるカバーリングタイプを選ぶのがおすすめ。気軽に洗濯ができるため、汚れやすいソファダイニング空間を清潔に保つことができます。

商品によっては、カバーの変え買えも可能。カラーを変更して、季節の模様替えも楽しめます。

ポイント③テーブルの高さ

座面とテーブルの理想的な間隔は「280~300ミリ程度」と言われており、国内で販売されているダイニングテーブルの高さは「700〜720mm」が多いようです。

ソファを取り入れたい場合は、通常のダイニングテーブルでは高すぎなので、ソファに合ったローテーブルを選ぶようにしましょう。高さ調節ができる昇降式テーブルも用途に応じて使い分けができるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?間取りの打合せ段階でリビングが狭く悩んでいる方は、ソファダイニングという選択肢もあるので、是非参考にしてみてください。

もっと詳しく知りたい
お問合せ/来店予約