リバースモーゲージって何?

最近耳にする「リバースモーゲージ」。けれども内容がよくわからないという方もいるでしょう。自宅に住み続けながらの自宅を担保に老後資金を借りることができるという商品です。これを利用することで家を建て替えたい、リフォームしたいという高齢になってからの需要にこたえ住み替えやリフォームを検討している人にも利用してもらえるものです。

今回はリバースモーゲージ型住宅ローンに絞ってメリットやデメリットを見ていきます。

リバースモーゲージ型住宅ローンとは?

直訳すると「リバース=逆」「モーゲージ=抵当・抵当権」という意味です。家を担保にお金を借り、長期間にわたって元金と利息を返し続けて完済に至るのが、一般の住宅ローン。それに対して、家を担保にお金を借りる点は同じですが、お金を一括して受け取って利息だけを返し続けたり、お金を年金のように分割して受け取ったりして(利息は元本に加算)、最終的には死亡時に持ち家を売却して完済するのが、リバースモーゲージ型住宅ローンです。

住宅金融公庫が提供する商品「リ・バース60」を各金融機関が取扱いをしているため、金融機関で申込を行います。基本的に60歳以上が対象ですが、どこの商品を利用するかによって、年齢、借入金の使途や貸付限度額、対象となる物件が異なるので下記リンクの詳細からよく見て検討してみましょう。

リ・バース60 取扱金融機関一覧
https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/yushihoken_revmo/kinyukikan.html

利用するメリット

住まいに関する下記5つの目的で利用が可能

  • 本人が居住する住宅の建設・購入
  • リフォーム
  • 高齢者向け住宅への入居一時金
  • 住宅ローンの借りかえ
  • 子世帯などの住宅資金

生存中は利息だけ毎月支払えば良い

住宅ローンの性質を持ちながら、生きている間の支払いは利息分だけで死亡したあとに元金を返済することができます。そのため毎月の返済が抑えられ、老後の資金にゆとりが持てます。

利用するデメリット

相続人の負担が気になる

担保となる物件価値が下がると自宅を売却するだけでは返済しきれないリスクもあります。

金融機関にもよりますが、「リコース型」「ノンリコース型」があります。「リコース型」は、モーゲージローンの残債を相続人が負担しなければならないタイプとなり、一方「ノンリコース型」は、相続人がモーゲージローンの残債を返済する必要がないタイプです。
ノンリコース型のほうが金利は高めですが、相続人のことを考えるとノンリコース型は選択肢と成りえるでしょう。また、懸念点として

  • 担保不動産価値の動向によっては途中での返済が必要になる可能性がある
  • 利用できる物件エリアに制限がある場合がある
  • 変動金利のため月々の利息返済額が変わるリスク
  • 団体信用生命保険に加入できない(通常の住宅ローンでは加入できる)

があります。特に、途中での返済が必要になる可能性は特に注意が必要です。多くの金融機関の場合、担保評価額は50%~65%に設定されていますが、余裕を見て上限金額まで借入れしないなど、リスクを抑えておくことが賢明です。

まとめ

老後資金に不安がある人だけでなく、「自分が希望する老後生活を過ごしたい」という人にリバースモーゲージ型住宅ローンはおすすめといえるでしょう。ですが、デメリットも含むのがこの商品です。疑問に思う部分はきちんと金融機関に相談するなどして検討してみてくださいね。

お金について相談したい
お問合せ/来店予約