睡眠の質を上げる家づくり

夏バテで体調も優れず、疲れが溜まりやすくなっていませんか?朝、気持ちよくすっきりと目覚められるよう、良質な睡眠は必要不可欠です。今回は、ぐっすりと眠れる睡眠環境を整えた寝室についてまとめてみました。

「安らぎ」を求めたシンプルな寝室

寝室は、カラダを休息させる場所ですので、できる限りベッド以外の家具を最小限にし、寝る為だけの部屋としてつくるのがおすすめです。テレビやパソコンを寝る前に使用すると、ブルーライトの刺激で睡眠の質も下げてしまうので、書斎として兼用するのも避けましょう。

リラックスカラーでコーディネート

心地いい寝室には、目から入る情報も重要なポイントです。ベージュやブラウンと言ったカラーは気持ちが落ち着きやすく、自然を連想させるグリーンはリラックス効果が期待できます。クロスやファブリック類のカラーを意識して、安らぎの空間に仕上げましょう。

安眠に導いてくれる柔らかな光

寝室の照明には、快眠・安眠へと導き、心身共にリラックスさせてくれる、温かみのある白熱灯の光がおすすめです。就寝に向かって照明を暗くしていくと、睡眠を誘発するホルモンのメラトニンの分泌がスムーズになる為、照度が調節できる照明器具があると便利です。

朝日と共に目覚める「東南角部屋」

朝日が差し込む「東南」に寝室を配置するのが理想的です。朝日を浴びることで、メラトニンの分泌を抑制し、体内時計がリセットされます。気持ちの良い快適な朝を迎える為にも、是非家づくりで寝室の配置に気を付けてみてください。まぶしすぎるのも苦手と言う方は、遮光カーテンを使って、光の照度を調節するのも良いでしょう。

睡眠の質を左右する空調にも気をかけて

快適で過ごしやすい室温は、夏の寝室は26~29度、冬は16~19度が熟睡しやすい室度と言われています。就寝前にエアコンで調整しておくと、スムーズに眠りにつくことができます。

また、家全体の空調を管理する「全館空調システム」は、夏も冬も温度差の少ない快適な住環境をつくってくれるので、家づくりをスタートさせる方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

照明やインテリアカラーなど、ちょっとした工夫でリラックスできる寝室をつくることができます。ぜひ今回ご紹介した知識で、睡眠の質を上げて、快眠を手に入れてくださいね。

もっと詳しく知りたい
お問合せ/来店予約