家族タイプ別!おすすめの二世帯住宅

家族のタイプから「型」を選んでみよう

親御さんと同居することが、家づくりのきっかけになる方もいるでしょう。
両親がそばにいる安心感やお孫さんの面倒を見てもらえるというメリットがある一方、何かとストレスになるケースもあります。今回は、家族の距離感から、成功する「二世帯住宅」の形を考えてみましょう。

まずは、どんな暮らしのカタチがお好みか、考えてみましょう。同じ「二世帯住宅」でもいくつかのパターンに分けられます。

【共有型】仲良しファミリーにおすすめ!

ママの両親と同居したり、義母とお嫁さんの趣味が合ったり、家族みんながとっても仲良しならコスト面からも共有型がおすすめです。また共働きで平日は小さなお孫さんを面倒見てもらう場合も、こちらが人気です。

超仲良し家族なら【完全共有型】

一般的な住まいに二世帯が同居するタイプで、個室以外はすべて共有するプラン。互いに干渉することにストレスを感じない仲良しファミリーにおすすめです。建築コストも水まわりが1つだから、抑えられます。

気遣いしない仲なら【部分共有型】

バスルームやトイレなどの水まわりを共有しながらも、LDKや寝室などは各世帯で設けているもの。それぞれの世帯で団らんの時間が過ごせるので、程よい距離も保てます。

【分離型】生活スタイルの異なる家族におすすめ

親世帯も子世帯も、それぞれ干渉されずに生活できるのは分離プランです。ある程度距離を保った方が、二世帯ライフが上手くいくケースも多いですよね。近くに住む安心感がありながら、お互いのリズムを崩さず生活ができます。

お隣さん感覚の【完全分離型】

玄関を別に、共有スペースが全くないプラン。敷地内に2棟が隣り合わせになるイメージ。両世帯が働いており、日勤と夜勤の混在など、生活スタイルが全く異なるケースにもおすすめです。

マンションやメゾネット感覚の【上下or左右分離型】

二階建て住宅をそれぞれ、縦割り、横割りに区切ったような間取りのプラン。1階は親世帯、2階は子世帯というケースも多く、生活スタイルに合わせて、共通玄関にしたり、別々に設けることもできます。

「二世帯住宅」といっても様々なプランが考えられるため、ぜひ家族に合ったスタイルを相談してみましょう。

【実例紹介】家族のつながりも大切にした二世帯住宅

世帯ごとの希望をしっかりヒアリングして、様々な希望を取り入れた二世帯住宅の実例を(株)杜設計代表・一級建築士の山本浩平さんにご紹介いただきました。ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

1階に2つのLDK。バスルームは共有する形に

それぞれの世帯が快適に過ごせながら、家族のつながりを大切にできる二世帯住宅プランを提案しました。共有玄関を入ると、右手に親世帯、左手に子世帯のLDKがあり、お風呂やトイレは共有です。水回りが使いやすいよう1階に2つのLDKを設けました。2階は子世帯の主寝室や子ども部屋を配置し、親世帯の個室は1階リビングの奥に配置しました。

ペットライフ、それぞれの嗜好も取り入れて

また猫を飼っているため、吹抜けを活用したキャットウォークを設けたり、ロフトや小屋裏収納など空間に動きを加えたり、個性的なアクセントカラーも多用しています。嗜好・要望に沿った仕上がりと快適な住み心地に、両世帯のご家族に満足していただけました。

いかがでしたか?

山本さん、ありがとうございました。
部分プランと左右、上下分離プランの魅力を融合させた、ライフスタイルに合わせた二世帯住宅ですね。二世帯住宅を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

このプランが得意な建築会社を知りたい
お問合せ/来店予約