【実例】おしゃれで心地よい寝室

睡眠や休息が中心となる寝室は、日中、仕事などで外出が多い方なら、睡眠時間を考えれば一日の中で最も多くの時間を過ごす空間ともいえるかもしれません。それならば、ぜひインテリアや家具の配置、照明にもとことんこだわって、快眠でき疲れが一気にとれるような、最高に居心地よい空間づくりをめざしてみましょう。

今回は快適な寝室をつくるコツと共に、おしゃれな寝室の実例をご紹介します。

最高の居心地!理想の寝室をつくるコツ

好きなテイストを探し、落ち着く空間をイメージしよう

まず大切なのは「自分にとって落ち着く空間」に仕上げること。そのためにも、理想の寝室像を考えることが第一歩。雑誌やインターネット、SNSなどにも寝室の様々な実例がありますので、具体的にイメージしましょう。

和風、洋風、輸入住宅風、ナチュラル、アンティーク等々、様々なスタイルから、自分や寝室を使う人にとって「居心地のいい」雰囲気を探しましょう。

「落ち着く」と感じるイメージは十人十色。自分にピッタリ合った「リラックス空間」を創れるよう、様々な実例を参考にしましょう。

カラーにこだわる

心身を休めるための空間ですから、配色は大変重要になります。好きな色に加えて、リラックス効果があるといわれている次のようなカラーを取り入れることもおすすめです。

  • 青……鎮静作用や、興奮した神経を鎮めてくれる効果が期待できる
  • 緑……森林浴など、自然を連想させるカラー。疲労回復やリラクゼーション効果が期待できる
  • グレー……ストレスを和らげる効果がある。洗練されたハイセンスな雰囲気を演出してくれる
  • ベージュや茶…気持ちを安定させてくれる作用があり、落ち着いた印象に。飽きずに長く愛用できるカラー
  • ピンク………女性ホルモンに作用し、若返り効果にも期待。癒し効果や安眠効果が高いカラーのひとつ

照明にこだわる

メイン照明のシーリングライトは、複数灯タイプや、就寝前の読書、身だしなみ、テレビタイムなど、シーンごとに明るさや白色→暖色と調節できる調光機能がついているタイプがおすすめ。さらに灯りのオンオフが枕元でもできるリモコンタイプも便利です。

また、間接照明を取り入れることで、一層くつろぎやすい空間となります。ベッドサイドに間接照明を配置したり、あらかじめ天井や壁に設置すると、よりおしゃれな空間を演出できます。

あえてメインの照明は設けず、寝室はできるだけ落ち着いた雰囲気にしたい…と間接照明だけで過ごすかたもいらっしゃるようです。

寝る前の読書が習慣の方は、ベッドサイドの照明と、サイドテーブルにもこだわることで、読書タイムがより快適になります。10分で消灯する…などタイマー機能がついた照明もあるようです。

家具の配置、動線を考える

大きいベッドフレームは、寝室の印象を左右するため、インテリア性と共に、空間の広さに合わせた最適なタイプを選ぶことが大切です。空間がコンパクトなら、圧迫感のでないロータイプを選んだり、収納が少ない場合はベッド下に引き出し収納があるものを選ぶと活用できますね。

また、生活導線に沿って壁と家具、ベッドの間隔を十分検討しましょう。配置する家具の種類や部屋の間取りもよりますが、約50~70cmの距離をあけるとよいといわれています。

窓の位置も考えましょう

ベッドの置く位置をあらかじめ決めて、窓とのバランスを考えておくことも重要ですしベッドの近くに窓を配置する場合は要注意。断熱性能の高いサッシなどを採用している場合は冷気が入りにくいので安心です。太陽の光が気持ちよく入り、リラックス効果を高められるよう、窓の位置にも気を付けましょう。

【実例】おしゃれで快適!居心地のいい寝室

リラックスできるグリーンを基調に!

森林の中を彷彿させるグリーンの壁でゆったり落ち着く雰囲気の寝室に。天井を照らす間接照明と、素材感を生かした木の梁で、リラックス効果が倍増!ウォークインクローゼットとの仕切り壁は、あえて上部をオープンにすることで抜け感がプラス。開放的でおしゃれな空間に。(セルコホーム実例)

心を落ち着くブルーを採用。ホテルライクな寝室

鎮静作用があるといわれるブルーの壁で、深い眠りにつけそうな寝室。ホテルライクな雰囲気も魅力です。ブルーは「精神統一」「集中」といった効果も期待できるため、書斎やワークスペースでの作業も進みそうです(セルコホーム実例)

和モダンな寝室でリラックス

まるで高級旅館のような上質な雰囲気の「和モダン」な寝室。障子など和のテイストを存分に取り入れながらもモダンな要素をちりばめておしゃれに仕上げています。床で寝ている感覚のローベッドだから安心感もありますね(日本ハウスHD・実例)

ナチュラルな暮らしを楽しむインナーテラス付の寝室

バルコニーと居室空間の間に素敵なインナーテラスを設けた寝室。観葉植物を育てたり、バルコニーではプランター菜園を楽しんだり…ナチュラルライフが堪能できそうです。壁や天井には木材を採用し、大好きな植物に囲まれて、癒しの効果たっぷり。心地よい空間で熟睡できそうですね(日本ハウスHD・実例)

勾配天井の開放的な寝室で、心身リラックス!

勾配天井を生かした木の香りが漂う大空間の寝室は、ダイナミックな梁が印象的。茶系で統一させたことでリラックス効果もアップ。ベッド脇に設けたワイドなカウンターでは、ご主人はリモートワークや書類整理、奥様はメイクやネイルなど、夫婦で一緒に利用できます(日本ハウスHD・実例)

いかがでしたか?

お好きなテイストには出会えましたか?家づくりを考える際は、ついLDKなど団らんの場に注力しすぎてプライベート空間は後回しになりがちですが、ぜひ長く過ごす寝室の雰囲気にもこだわってみてくださいね。様々な実例を参考に、最高に心地よい、リラックスできる寝室を追求してみてください!

宮城県・仙台市での家づくりに関する相談は建てる窓口へ

今回ご紹介させて頂いた内容についてもっと詳しく知りたい方、ぜひ「建てる窓口」へご相談ください。
「建てる窓口」は、宮城県・仙台市など宮城県内で家づくりを検討している方向けの無料相談窓口です。宮城県内イオンモール2店舗(新利府南館店、富谷店)でご相談頂けます。お気軽にお問合せください。

詳しくはこちら

家づくりの相談をする(来店予約)
建てる窓口/来店予約