みやぎの街情報:宮城郡

宮城郡ってどんな街?

宮城県の県名の由来となっている「宮城郡」は、以下の3町を含むエリアです。

  • 利府町(りふちょう)
  • 松島町(まつしままち)
  • 七ヶ浜町(しちがはままち)

1878年に行政区画として発足し、当時は、上記3町に塩竈市、多賀城市、仙台市宮城野区、泉区および青葉区の大部分から、若林区の一部の区域も含まれ、奥羽山脈から太平洋に至る東西に細長い形でした。徐々に群より離脱し、1987年より現在の3町が続いています。

宮城郡の土地分譲状況

利府町では、しらかし台、シーアイタウン利府青山、シーアイタウン利府葉山、菅谷ニュータウンが、松島町では美映の丘ニュータウン、七ヶ浜町では汐見台ニュータウンなどが過去に開発・分譲され、宮城郡では以前よりニュータウン開発が進んでいました。

特に利府町では利府町駅前をはじめ、各所で都市計画が進み、今後も新しいタウンが誕生することが期待されます。

宮城郡のおすすめポイント

【教育施設】子育てしやすい環境づくりを各町が工夫

  • 利府町に小学校6校、中学校2校
  • 七ヶ浜町に小学校3校、中学校2校
  • 松島町に小学校3校、中学校1校

また、利府町には県立利府高校、松島町に松島高校があります。

各町に保育園や幼稚園も充実し、利府町放課後子ども教室、七ヶ浜町放課後児童クラブ、松島では子ども・子育て新制度を設けるなど、各町で子育てしやすいよう工夫がされています。

【商業施設】利府町に東北最大級の「イオン」が誕生

東北最大級といわれるイオンモール新利府南館がが2021年3月にオープンしました。旧イオンモール利府はリニューアルされ、イオンモール新利府北館として2021年夏ごろにオープン予定です。イオンモール名取を上回り、両館全体で200店舗~300店舗と大規模な商業施設としてますます注目されそうです。

身近には地域密着のスーパー、足を少し伸ばすと大型商業施設があるため大変暮らしやすく、特に利府町は人気が高まっております。

【医療施設】地域密着の医療体制を確立

宮城利府掖済会病院、仙塩利府病院、松島病院など、地域に密着した総合病院があり、気軽に相談できるクリニックや健診にも便利な歯科、小児科なども各町に揃っています。

【アクセス】車&電車、どちらも利用可。七ヶ浜町は便利な町民バスも

利府町には東北自動車道へつながる仙台北部道路「しらかし台IC」と三陸自動車道「利府塩釜IC」があり、マイカー派にとって大変住みよいエリアといえそうです。利府町から仙台駅周辺までも約30分ほどで移動できます。東北本線「新利府駅」から仙台駅まで約20分。通勤や通学もラクにできそうです。

松島町へのアクセスは車利用の場合は三陸自動車道「松島海岸IC」「松島大郷IC」「松島北IC」が利用でき、電車はJR仙石線「松島海岸駅」、東北本線「松島駅」とアクセスも充実しています。

七ヶ浜町では、七ヶ浜町民バス「ぐるりんこ」が利用でき、最寄りの多賀城駅や本塩釜駅までの移動もラクにできます。(有料・定期券あり)

【自然環境】爽やかな海辺の街。広い公園も点在

加瀬沼公園

宮城郡は宮城県の沿岸地域中部に所在するため、自然環境の中で爽やかな潮風を感じながら暮らすことができそうです。

海辺の公園や、自然環境を生かした散歩コース、絶景スポットなど、住民はもちろん、町外の方にも足を運ぶほど、ゆたかな自然が自慢のエリアです。

  • 加瀬沼公園
  • 福浦島
  • 松島湾
  • 西行戻しの松公園
  • 馬の背
  • 多聞山
  • 惣の関ダム

【観光】日本三景松島やスポーツも楽しめる

グランディ21

宮城郡の観光スポットといえば、真っ先に思い浮かぶのが日本三景にも数えられる「松島」です。全国から観光客が足を運び、休日だけでなく平日も松島周辺は観光客で賑わっています。松島は松島湾内外にある諸島のことで島湾周囲の松島丘陵や島の高台には「松島四大観」と呼ばれる壮観、麗観、幽観、偉観といった修景地点が散在しています。

七ヶ浜町には、宮城県で最も利用客が多い海水浴場である菖蒲田浜、県内有数のヨットハーバーである小浜港、高山外国人避暑地と七ヶ浜国際村、鼻節神社など観光スポットもあります。

また利府町にはグランディ21として親しまれる宮城県総合運動公園があり、キューアンドエースタジアム、セキスイハイムスーパーアリーナ、セントラルスポーツ宮城G21プール、みやぎ生協めぐみのサッカー場、テニスコート、合宿所などが揃い、県内や東北各地、また全国規模の各種イベントや大会が行われています。

家づくりの相談をする(来店予約)
お問合せ/来店予約